犬は本よりも電信柱が好き (吉野朔実劇場)

著者 :
  • 本の雑誌社
3.70
  • (18)
  • (23)
  • (43)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 167
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (81ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860110376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなりお得な書評本。マンガでつづる吉野さんの読書生活も楽しい。貴婦人の犬(のはず)、コーギーとの生活はかなり笑えます。きのうたまたま勉強の合間に読んで、ほんとにほっとしました。

  • 蜿、譖ク蜿朱寔螳カ縺梧ュサ繧薙□繧我ク?邱偵↓辟シ縺?※縺上l縺」縺ヲ縺ョ縺ァ譚惹ク匁ー代r諤昴>蜃コ縺励◆縲ゅち繧、繝医Ν騾壹j縲∫堪縺ョ隧ア鬘後′螟壹¥縺ェ縺」縺ヲ縺阪◆縲

  • タイムスリップするということ、犬は本よりも電信柱が好き、ロンドンの古本屋、待ち合わせは本屋で…。『本の雑誌』などに掲載したものをまとめる。好調マンガ読書エッセイシリーズ第4弾。(アマゾン紹介文)

    順々に読んでいけて幸せ。
    エッセイを読んで思うのは、下地がとても濃いんだなぁということ。
    自分も、学生時代にもっと読んでおけば…なんて思ってしまいます。

  • 20171222

  • 絵が昔だー、懐かしい。色々こだわりある人だとなかなか本の話は出来ないだろうなー_φ(・_・ 食べ物やゴミが挟まった本て悲しい(´・_・`)

  • 2016年6月2日購入。
    2016年12月6日読了。

  • 室内で犬を飼うのは大変なんだな

  • 「吉野朔実劇場」第4巻。
    まさかエドワード・ゴーリーを紹介してくださるとは!既読巻での紹介本の中に、柴田元幸さんのお名前を見かけニヤニヤしていたから嬉しい。「タイムスリップするということ」「ジャイアンツ・ハウス」「閉じ込められる」は吉野さんらしさがよく出ていたと思う。特に「タイムスリップ~」での目黒さんを説き伏せる説明になるほどと感心した。面白おかしく語っているけれど深く考えさせられる。このほか印象深いのは「食べながら読む」「電車の中は誤解でいっぱい」。この図書館本にも食べ物らしき汚れが……。水濡れ汚れはとても気にするので、飲食しながらの読書はよっぽどのことがない限りしません。なので他人から借りた本を汚したにもかかわらず黙ってそのまま返却するなんて最低だわ。図書館へ返却する際汚れあったことを伝えよう。

  •  電車の中などで人が読んでいる本が何なのかとっても気になる気持ち、分かるなぁ~と共感どころの多いシリーズ。

  • 2014年8月5日イオンモール鈴鹿BF

全23件中 1 - 10件を表示

吉野朔実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
三浦 しをん
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする