• Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860110741

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やはり翻訳は面白い。

    再び翻訳家との対談集。やはりそれぞれの翻訳への取り組み方がみえて面白い。同じ著者のインタビュー集『One author, One book』も読んで、原著者のことを知るともっと面白いのかなあ、と思う。

  • 再び、挙げられた本、メモ。

  • 1巻のほうは読みやすかったんだけど、
    こちらはあまり良くない。
    接点のない訳者ばかりだったからか。

  • 読みたい本が増えた

  • 先日読んだ「翻訳文学ブックカフェ」の続編。その後もシリーズで続いてきた、名翻訳者を招いてのトーク・セッション。今回収められているのは12名分だが、新しい試みとして、英米文学以外でロシア・東欧文学の「沼野充義」、仏文学の「堀江敏幸」が招かれている。人気翻訳家の「柴田元幸」と「岸本佐知子」は、前回に続いて再度の登場、ファンからのリクエストも多いのだろう。 個人的には、以前まとめ読みをしていた堀江さんの対談がいちばん興味深かった。作家としての翻訳論ともいうべき説明がユニーク。後は、岸本さんがエッセイを書くのは苦痛だと言ってたことが記憶に残ったこと。

  • 『翻訳文学ブックカフェ』の続刊です。クリーム色にブルーグレーのカップ、濃いグリーンの表題…こちらもシックだなーと思っていたら、装丁はなんと、クラフト・エヴィング商會さんだったなんて!

    インタビュイーのラインナップがごそっと替えられている(柴田元幸・岸本佐知子のおふたりは再登板)ものの、訳された作品としては、マキューアンやウッドハウスなど、前作品で取り上げられていた作家さんよりイメージのわくものが多いように思います。マキナニー『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を訳された高橋源一郎さんの登場も、翻訳論に偏らず、日本語で文学を扱うかたの文学論として面白く読みました。

    前作はほとんど丸ごとアメ文翻訳についてのインタビューだったので、微妙にアメ文に好かぬ点のある私としては(笑)、欲求不満感をぬぐえないものでしたが、こちらには英語以外の翻訳をなさるかたを何人かお招きになっており、切り口に幅が出ていて面白く読めました。仏文の堀江敏幸さんの「読書力の勘違い」のくだりは、しっかり胸に刻みます(笑)。独文の翻訳者さんでどなたかお呼びいただければ、もう少し面白かったかな、と思います。

    自分がこのシリーズのつくりに慣れた(ように思う)のと、話題の幅が出てきて楽しめる余地が増えたように思うので、この☆の数です。続編を読むことはあまり考えていなかったのですが、この感想を最初にアップしたサイトの大家さんの看板雑誌が休刊の危機かも?という心もとない噂を耳にしたので、側面支援をかねて購入した1冊でした。でも…マズイ本には容赦しませんことよ(説得力なし:笑)。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

一九六四年、岐阜県生まれ。作家。著書に『おぱらばん』『熊の敷石』『回送電車』『ゼラニウム』『雪沼とその周辺』『魔法の石板――ジョルジュ・ペロスの方へ』『河岸忘日抄』『バン・マリーへの手紙』『彼女のいる背表紙』『正弦曲線』『書かれる手』『めぐらし屋』『なずな』などがある。

「2018年 『坂を見あげて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀江敏幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
三浦 しをん
岸本 佐知子
クラフト・エヴィ...
ジャネット ウィ...
J.L. ボルヘ...
リチャード ブロ...
ポール・オースタ...
リチャード パワ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする