狂気な作家のつくり方

  • 本の雑誌社
3.50
  • (9)
  • (6)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 92
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860110758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とりあえずミートスパゲティ食べたい。
    平山さんは狂ってへんけど、おかしな人とは思う。ファニー?
    映画の話がたくさん出て来た。観なきゃ。

  • まじで怖い。

  • 平山夢明、いい考えを持っています。好きだな〜。あまり大きな声で言えないけど。でも狂気や、残酷、気になるんです…吉野朔実は大好きな漫画家さん、理屈をこねないキャラがたまらなく好きです。こんな二人の対談。夢の競演でした…

  • 怪談やホラーに全然興味がなくて、平山夢明さんは1冊も読んだ事がない^^; 吉野朔実さんは漫画が好きでよく読んでいたものですから 図書館の予約画面でポッチと予約ボタンを押してしまった1冊です(笑) でも面白かった!ホラーに興味がなくってもお二人の対談は充分に楽しめました。個性的なお二人ですから話のツボも個性的です「そこですかい!!」みたいな(笑)なんとも上手なタイトルだなと思いました。 平山夢明さんは 言葉の端々から ほんわかとした雰囲気がにじみ出ているのに 周りで起こっていることは全然ほんわかじゃない!俗に言う「呼んじゃう人」なんでしょうか(笑)自伝を書けば凄いものができそうな・・・

  • 図書館。
    吉野朔実×平山夢明の対談本。 面白かった!
    先に、春日武彦氏に漫画をつけた「精神のけもの道」をあげたけど
    どちらも、内容的には「けもの道」っぽいんだよね。
    でも、笑えるのはこちら。
    コワイ漫画の話が秀逸。もっと読んでみたいなあ。

  • 本と映画の含蓄がすごい。そして何かわからないものを見極めようと一生懸命考えてるのがわかる。変態はきらいだけど、キチガイはいいがよかったな。

  • 平山夢明は私にとって「タブー」だった。すんごく読んでみたいんだけど、一度読んじゃったら、そっちの世界(どこだよ)に足を踏み入れてしまいそうでコワイから。まあ、今回は対談だし、吉野朔実が相手だし大丈夫だろうと思って手に取った。実際、「えー、そこに興味があるですか!?」とびっくりせずにはいられない面白い人であることはわかりましたが、それよりも面白いのは吉野朔実の方だった。まあ、これまでも「吉野朔実劇場」でその片鱗はうかがえたわけだけど、この人、かなりのこだわりを持ってるよなあ。興味津々です。

  • 吉野朔実が!!平山夢明が!!すごい対談。ただのミートスパがグロいものに見えてしまうという、すてきな装丁。吉野朔実の作品に関してはけっこう読みまくってるほうだけど、平山夢明に関しては気になりつつもまだ読んだことはない。でも、決めた。近々、平山夢明の本を読みましょう。すっごい面白い人間ではないか。それにしても平山夢明の人生には驚かされまくり。どういう道を歩めばそんなとんでもない経験ができるのか。川崎の重工業地帯に育ったからという理由だけじゃなくて、もうそういう星に生まれたとしか思えない。時々いますよね。やたら毎日がネタに溢れている人とか。あと、吉野朔実の作品はけっこう読んでいると言ったけれど、対談やエッセイは読んだことはなく、今回初めて彼女の考え方を知ることができた。マジメな人だと思った。一つ一つの物事や事象を丁寧に考えている人だと。うーん。彼女の作品の丁寧さはそこにあるのか、とは思ったけれど、彼女のものは作品だけを楽しむことにしよう。あまり知りたくなかった部分を知ってしまった気分。

  • 作家の平山夢明さんと、漫画家の吉野朔実さんの対談集。一見軽やかなスパゲティーの装丁が、まあ何というか(笑)。平山さんは『吉野朔実劇場』に登場する、吉野さんのお友達のおひとり。『―劇場』ではたしかに、人間の狂気を描いた作品がときどき取りあげられています。私はヤバい世界は好みますが(笑)グロい世界は苦手なので、平山さんの作品を手に取る機会がなく、「吉野さんの対談が読みたい」+「入門・平野夢明」ということで手に取りました。お話のネタも手塚治虫、大友克洋、映画(アンチハリウッド)、文学…とディープに進みます。最初は、吉野さんの非常に理性的な話運びが印象的で、平山さんはただアブナイ作家さん(笑)。ですが、読み進むうちに平山さんが見えてくるんです。ただのグロもの作家さんではない、正面から狂気と向き合う覚悟、というか正気さが。「狂気はいいが、変態はちょっと」という感性は私も納得するところがあり(日常で笑えるレベルの変態なら私はオッケーだけど…それは平山さんもオッケーだと思う:笑)、ちょっと作品にトライしてみようかという気も起こりました…でもやっぱり微妙に無理かも(笑)。漫画家さんと作家さんの感性の差、狂気に対する考えと向き合いかた、好きなものに対する意見の広がりなど、時にはバカに、時には劇辛にコメントしながらトークの進むさまを面白く読みました。「ディ○ニーランドは子どもの風俗」発言には笑った!読み進むと次第に濃ゆく楽しくなってくるので、どうしようかと思ったんですが…駆け出しがちょっと間延びして薄いのでこの☆の数としました。ごめんなさい。それと、テクニカルな面ですが、大友克洋作品の章で1か所誤植(変換ミス)があるので、そこは…作画についての用語ですから、次の版で訂正したほうがやっぱりいいと思いますよ、編集さん。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ひらやま・ゆめあき
1961年、神奈川県生まれ。デルモンテ平山名義で、映画・ビデオ批評から執筆活動をスタートし、1996年、『SINKER―沈むもの』で小説家としてデビュー。2006年、短編「独白するユニバーサル横メルカトル」で、第59回日本推理作家協会賞を受賞。また、同作を表題作とした短編集は、2007年版「このミステリーがすごい!」で1位を獲得。2010年、『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞候補、第28回日本冒険小説協会大賞、翌2011年に第13回大藪春彦賞を受賞。近著に『或るろくでなしの死』『暗くて静かでロックな娘(チャンネー)』『こめかみ草紙 歪み』『デブを捨てに』『ヤギより上、猿より下』などがある。

「2017年 『大江戸怪談どたんばたん(土壇場譚) 魂豆腐』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平山夢明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平山 夢明
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする