キムラ弁護士、小説と闘う

著者 :
  • 本の雑誌社
3.14
  • (1)
  • (4)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860110925

作品紹介・あらすじ

書評でもない、評論でもない。裁判記録を読むように小説を熟読玩味する、キムラ弁護士ならではの面白小説論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 弁護士の視点から小説の突っ込みどころを探るという書評。
    後半はちょっと退屈で読み飛ばしてしまいました。
    某作家の後書きでの開き直りっぷりには私も「おいおい・・・」と
    呆れかえったことがありそこは共感できました。
    とりあえず書きゃいいってもんじゃないだろーよ!って。

  • まぁまぁ。自分が読んだことのある本に関して、あぁ、理路整然と物事を考える弁護士さんは、こんな風に本と向き合うのねぇ、と興味深かった。でもまぁ、自分が読んだことのない本の書評を読んで、一度読んでみたいなぁ、と思わされたこともあって、中の中てな評価でしょうか;

  • 世に余りに本がありすぎてたまに迷子になるのを防ぐため、
    時折読む書評。
    世の中の人の感想は、その人間の程度もわからないし
    あんまり信用できないから読まない。
    ダビンチとかはやや臭いので半分くらいひいて読む。
    著者は弁護士としての観点と、その職業柄故か付箋を貼ってきちんと読んでいる点で
    とりあえず読もうという気になる。
    実際の私の読書は乱読で雑なので
    そこまでのってツッコミはいらないんだけど
    でもそんな人が褒めるなら読みたい、ということで
    今回も何冊か読みたい本に巡り合うことができました。パチパチ。

  • 2011/09/28 読了

    高校時代のブックリストから記録

  • 902
    ミステリーにケンカ売る第二弾

  • 本の読み方っていろいろあって楽しいなぁ。
    警察の取り調べがどうの、とか、謎解きとしてどうのとかは弁護士的チェックで納得。
    張った伏線を回収しているかってのは、そういえば自分も読んでて気になることあったな。

  • 色々な作品詰め込み過ぎだからかなぁ。。。
    人の感性に触れるのは好きだけど、大して伝わってくるものはなかった。
    きっと一つ一つの作品は味わっているだろうから、そこがもっと知りたかったかな

  • 既読

  • とてもお世話になった本
    やり玉にあがってる本に興味を持って、その作家のファンになったり、
    ミステリーや警察小説の導入本でした

  • 当たり前ですがネタバレを極力避けているので原本を読んでいないとさっぱり意味がわかりません。

    というわけで飛ばし読みしたこと箇所が多くありました。

全17件中 1 - 10件を表示

木村晋介の作品

ツイートする