• Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860112042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010年5月12日購入。
    2010年7月10日読了。

  • 『作家の読書道』第3弾。
    WEBでも読んでいるのですが、本になるとやっぱり買ってしまいます。
    今回は、柳広司、高野秀行、阿部和重、畠中恵、宮田珠己、モブ・ノリオ、道尾秀介、近藤史恵、坂木司、有川浩、宮本昌孝、中村航、乙一、小池真理子、中島京子、米澤穂信、貴志祐介、豊島ミホの18人。
    このうち、畠中恵さん、近藤史恵さん、有川浩さんはほとんどの作品を読んでいるのですが、そういう好きな作家さんが紹介してくれる本が自分の好みの本だったりすると、“ああ、やっぱり”と嬉しくなるし、読んだことがなければ、“これは読まなくては”という気になります。
    また、今までに自分が知らなかった作家さんのインタビューを読んで、“こういう作品を書いている人なんだ”と読みたくなったり、とにかく『作家の読書道』を1冊読むと、読みたい本が数十冊増えてしまうので大変です。

  • 乙一さんが気になる。

  • ■読みたいリストに追加(2010年5月11日)
    ブクログツイッターで紹介され、作家のラインアップされた作家群に目が輝きました。読まねば読まねば。

  • 作家さんの読書歴を綴った人気シリーズ第3弾!

全28件中 21 - 28件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。2001年、『黄金の灰』でデビュー。同年、『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞受賞。『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞。他著に「ジョーカー・ゲーム」シリーズの『ダブル・ジョーカー』『パラダイス・ロスト』『ラスト・ワルツ』や、『新世界』『トーキョー・プリズン』など。

「2018年 『漱石先生の事件簿 猫の巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳広司の作品

ツイートする