• Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860112042

作品紹介・あらすじ

人気作家18人の読書ライフ。インタビュアーはTBSテレビ「王様のブランチ」BOOKコーナーでも活躍中の瀧井朝世。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013/08/09
    移動中

  • 畠中さんがスティーブン・キング好きだったんだー。なんか嬉しい。

  • 3まで読んでようやくこの人が人気なんだなぁと気付き始めた。
    必ずと言っていいほど頻繁に名前が出てくる人が何人かいて、そしてやはり私は読んだことがない。
    この先読む機会があるかは分からないけど、まだまだ読んだことがない本がたくさんあるというのはとても嬉しい。にこにこ。

    「今日食べた食品が明日のあなたになる、という表現がありますが、今日読んだものが、明日書くものの礎になるんですね。」
    喜志祐介さんの言葉はこの本の書きたいものそのものだと思う。
    同じ本を読んでいても、いつ読むか、その前と後に何を読むかによって受け取り方は違う。
    (そもそも性格や環境の違いがあるから同じになるわけはないのだろうけど‥)
    受け取り方が変わるとそこから生み出されるものもやっぱり変わるわけで、それがその人の世界になる。
    だからこの人はこういう作品を書いたんだ、なんて、簡単に言えるようなことではないけど、好きな作品の一部になっているであろう読書経験の話はやっぱり興味深い。

    作家ではない人も読んだ本から影響を受けて考えや生き方が変わったりしているはず。
    本を読んでない人生やもっと本を読んだ人生との比較は出来ないけど、今の私を作ってくれた本(と他の諸々)に感謝したくなった。

  • 作家さん方の子供の頃から作家になる、またはなった後までの経緯について、読書経験と共に触れられています。
    多人数を取材している割には一人当たりに割くページ数が多く、また話の中で触れられた本の表紙画像を端に載せていたりするのでかなり作りは丁寧です。
    好きな作家さんの経歴を読んでみるのもいいですし、物書きさんは見知らぬ作家さんの話を読んでみるとなんとなく励みだとかインスピレーションだとかになるのではないでしょうか。

  • 柳広司と有川浩のみ。

    インタビュー形式は(以下略

  • 有川浩が「赤毛のアン」や「あしながおじさん」を読んでいたことを知って安心した。
    読み始めると,その人の本を読破しないと気が済まないのにも好感が持てた。


    サイボーグ009
    パイナップルARMY
    だれも知らない小さな国
    はなはなみんみ物語
    なぎさボーイ
    夜のピクニック
    光の帝国
    銀河英雄伝説
    妖怪作戦
    これはグリーンウッド
    など,知らないものもあるので,一度読んでみようかなと思った。

  • 一応有川浩目当てで買ったけど、知らない作家さんのもおもしろかった。他人の本棚とか読書歴とかって、すごい興味ひかれる。自分が読んだことない本ばっかりだから、芋づる式にどんどん読みたくなっちゃう。1と2も読みたいな。

  • 作家になるひとはやっぱり本を読んでる。環境に本があったり、薦めてくれる人がいたり。
    なにを読めばよいかわからないひとが多いと思うから、私の知識を組織化して繋げて子供に教えたいと思った。

  • 道尾秀介さん、坂木司さん、貴志祐介さん目当てで3から手をつけたが、1,2も読みたくなった
    作家になる人は違うなーとうっとりする1冊('ε'*)

  • 作家さんたちのルーツが分かる本。

    幼い頃好きだった本がかぶってると、なんだか嬉しくなってしまいます。
    次に読みたい作家さんも見つけることができました。

  • 皆さん小さい時からたくさん本読んでますねー。

    僕は23歳から読書始めました。

  • 道尾さんのオススメを読んでみることにする

  • 有川さん目当てで読んだけど、色んな作家さんの読書遍歴知れて面白かった。
    今書いてるジャンルが違う人が同じ本を子供の頃読んでたっていうのにちょっとびっくり。読むものと書くものは必ずしもイコールじゃないんだなと思った。

  • 作家になった人たちというのは、ほとんど学生のうちに古典やアメリカ文学も読んでいるものだなぁ、と改めて感じた。
    まぁ、読んだからといって書けるものではないのだろうけど。

  • 3つのパートに分けられて、各パート6人で合計30人の作家へのインタビューがまとめられている。それぞれの生い立ちから作家になるまでの道のりと、これまでの読書傾向など虚々実々(?)の読書体験告白が面白い。ミステリではないけれど、本当にそんなに本を読んでいたの?と思う作家もいれば、逆に、そんな貧弱な読書体験であんな作品を書いているの?という疑問も、、、なにせ、言ったもの勝ち、必ずしも真実を語っているとは言えないからなあ。 人気作家の人となりが多少見えてくるところが収穫。個人的には、近藤史恵さんや有川浩さんのお顔が拝見出来て良かった。意外に豊島ミホさんが可愛いのにビックリ。顔写真拒否の作家(坂木司)もいるので、依然謎のままの人も。 各作家のお好み本で、まだ未読なものを開拓していく楽しみも発見できるのでお薦め。

  • タマキングが載っているので読んでみた。
    他の作家さんも読んだけれど影響を受けた作品が似通っている人たちもいれば意外な人もいて結構面白かった。

  • 1、2も読んだので3も。やっぱこういう種類の本は手元に置いて手引きのようにしたいかな。柳広司さんがカラマーゾフの兄弟について「地面の這いつくばっているところから、天上の高みまで書けるのか、と圧倒されました」と仰ってるところにすごく共感した。あとは道尾秀介さんの「文章でしか絶対できない表現」って仰ってるところが好き。自分でも読書について考えてみたくなる!バトンみたいに質問考えて友達と答えたりしてみよう。

    (掲載の作家さんめも/敬称略)
    柳広司、畠中恵、道尾秀介、有川浩、乙一、米澤穂信、高野秀行、宮田珠己、近藤史恵、宮本昌孝、小池真理子、貴志祐介、阿部和重、モブ・ノリオ、坂木司、中村航、中島京子、豊島ミホ

  • 有川 浩さん目当てで借りてきたのだが、他の作家さんたちの対談も面白かった。

  • 比較的若い方が多いせいか(待てよ。自分がトシくったせいでそう思うのかも)子どもの頃の読書体験にマンガが結構出てくる。そうなんだろうなあ。本の虫だったという話には、そりゃそうでしょうと思うが、あんまり読んでないと言う人がちらほらいるのがちょっと驚き。

全28件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。2001年、『黄金の灰』でデビュー。同年、『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞受賞。『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞。他著に「ジョーカー・ゲーム」シリーズの『ダブル・ジョーカー』『パラダイス・ロスト』『ラスト・ワルツ』や、『新世界』『トーキョー・プリズン』など。

「2018年 『漱石先生の事件簿 猫の巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳広司の作品

作家の読書道3を本棚に登録しているひと

ツイートする