SF挿絵画家の時代

著者 :
  • 本の雑誌社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860112332

作品紹介・あらすじ

小松崎茂から加藤直之まで。SF小説を彩ってきた挿絵画家たちの華麗で濃密な世界。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秋吉巒さんの画集欲しい……
    SF全然読まないせいか松本零士さんと佐竹美保さんの挿絵くらいしか分からん……

  • <閲覧スタッフより>
    【SFについて】
    「SF」ってなんだろう?
    その定義や源流、考え方や論争、歴史、作家陣や挿絵まで、「SF」にまつわる言説やその複雑でエキゾチックな世界をご紹介します。

    --------------------------------------
    所在記号:726.501||オオ
    資料番号:10216531
    --------------------------------------

  • 小松崎茂から加藤直之まで。SF小説を彩ってきた挿絵画家たちの華麗で濃密な世界

  • 画家生没年と読み(ローマ字表記)あり
    初出あり

  • 取敢えず走り読み。
    小阪、いつの間にやらすっかりメジャーになってたんや。元々才能もあるし努力もするし、面白い奴やった。
    ちょっとまぶしい。

  • 1000 文英堂

  • かってに総記的なものと勘違い。
    各挿絵画家の方達のインタビュー等を交えて、
    作者の批評を掲載。
    奥が深い。。。

  • 2012.9.25.初、帯付
    2012.11.13.アマゾン

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1959年大阪生まれ。ライター。日本古典SF研究会・会員。著書に『少年少女 昭和SF美術館』(平凡社)など。編集協力に『樺島勝一 昭和のスーパー・リアリズム画集』(小学館クリエイティブ)など。

「2014年 『心の流浪 挿絵画家・樺島勝一』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大橋博之の作品

SF挿絵画家の時代を本棚に登録しているひと

ツイートする