自分を開く技術

著者 :
  • 本の雑誌社
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860112813

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  アジア各国のリーグでサッカー選手としてプレイし続けている方の本。
     私個人の感覚なのだけれど、アスリートとして現役で活躍し続けることはむつかしく、その活躍出来る期間は短いように思う。素晴らしいパフォーマンスを見せることが出来たとしても、それはひとときのこと。プロのアスリートとは、一時的を運動漬けで過ごし、その後の長く続く人生をどう歩むのか、なかなか難しい、リスクの高い職業であると思っていた。
     けれども、著者は1976年生まれ。40を超えてもアジア10カ国以上の国で現役でプレイしている。
     著者が鋼の精神を持つからなのか。
     最初は、先のことを考えず、いましか見ないからそれが出来るのかと思った。けれど、本の中で彼は考え続けている。いま30年後の未来を予測することはできない。けれど、先の分からない不安なことを調べて、考えて、選択することが出来ると。

     生きる力がある人だった。

  • 言葉が通じるかより、コミュニケーションできるか。

全2件中 1 - 2件を表示

自分を開く技術のその他の作品

自分を開く技術 Kindle版 自分を開く技術 伊藤壇

伊藤壇の作品

ツイートする