50代からのアイドル入門

著者 :
  • 本の雑誌社
3.31
  • (2)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860112820

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイドル目当てではなく作者目当て

     ほぼ同年代だから、どんなこと書くのか?って、興味で。でも、写真がないからアイドル非ヲタクの私は、名前だけでは誰が誰だからわからず、書いてることが理解しにくい。ま、写真あっても一緒かも。

     私がいいなぁと思うのはBABYMETALのボーカル。あのサイズであの力強い歌声は魅力。声だけ聞いてから、テレビで姿みて感動した。ほかって知らないなぁ。オッサンやなぁ。

  • 実はこれ、大森さんと対談するための資料として送られてきたものです。いやー、不思議ですね。アイドル文化というのは、日本では例えばお茶やお花のような、ひとつのマナーの領域に達したというのがよく分かりますね。どんなふうに応援するか、どうチケットを取るか、握手会やコンサートでどう振る舞うべきか。より良いファンのあり方とは、ということを事細かに書いてあるんですよ。

    (石田衣良公式メルマガ「ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』」19号より一部抜粋)

  • 48Gダントツ、ももクロ、ハロプロ。他はライブと物販。

  • SF翻訳やアンソロジスト、「文学賞めった斬り!」シリーズや書評でお馴染みの大森望さんが…という意外性とタイトルのインパクトで読んでみた。

    ライブ評は、ロッキングオンジャパンのそれによく言われる「毎月日本のロックに革命が起こる訳ないだろ」の対極みたいなクールさがいい。現場主義の極地。聴いたことない曲の連呼に戸惑う。ライブの同行者にこれまた斯界では有名なミステリ評論家の香山二三郎さんが頻出して笑った。

    ハロヲタぶりは微笑ましい。本業もこなしつつ妻子もおありになるのに良く時間あるなあと思ったけど、洋楽殆ど聴かないのかも。日本の音楽市場はつくづく特異だなあ、とも思わざるを得ない。

  • アイドルにそんなに興味無い様な人に読んでみて欲しいですね。意外に気軽に参加出来るイベントもあったりする事がわかったりとかガイド的にもいいと思います。ハロヲタ的には色々ニヤニヤしながら読みました。

  • 好きなことをとことん!
    素敵なライフスタイル。
    そうです。アイドルは人生を潤すのです。

    ハロ関連以外のところは流し読みましたが…。

    ハロプロ万歳!
    つんく♂万歳!
    ハロヲタ万歳!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1961年、高知県生まれ。翻訳家。書評家。責任編集を務めた『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞を受賞。訳書にウィリス『航路』他。著書に『新編 SF翻訳講座』『現代SF観光局』他。

「2018年 『人みな眠りて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

50代からのアイドル入門のその他の作品

大森望の作品

ツイートする