天使は本棚に住んでいる (吉野朔実劇場8)

著者 :
  • 本の雑誌社
4.32
  • (11)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860112875

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 単身赴任の旦那が赴任先へ帰り、しばらくすると
    ジェンガ状に積み上げられた本のタワーが部屋のあちこちに出現し始める。
    ほっとくと続々爆増してゆくし、とにかくもろくて崩壊しやすいという点において、家族には不評極まりない建造物ではあるが、
    天使が住み心地良さそうにしているのはわかる。

    著者の読書エッセイコミックであるこのシリーズが大好きなのは、
    よそん家にいる個性豊かな天使の顔が覗けるから。
    中には見覚えのある子や馴染めなかった子、縁遠いけど気にはなってる子なんかもいて、いちいちテンションが上がる。
    羨ましいのは著者の読書仲間。
    自分では読まないジャンルの本の情報交換によって、よりいっそう天使が舞う空間が広がる。
    リアルでは汚部屋でも、天国にはより一層近くなる。

  • 2016年7月18日購入。
    2016年12月13日読了。

  • 一人暮らしを母親に
    食事を作ってあげる 吉野先生。
    ああ 私もいつか吉野先生の母親のように
    娘の言うことを聞かない 母親になるだろう
    未来の自分が見えるようだ

  • 本のレビューじゃなく、この漫画家のファン向けの本でした。私、読んだことないから…

  • 最後の吉野朔実劇場。最後まで興味深い本ばかり。

  • 急逝が信じられないまま本屋で新刊が出ていた時の気持ちといったら…(泣)。しかし未収録数本を含んだ合冊版も同時に出ていて、タイミングが間に合わなかったのかもしれないけど何故最終巻に入れてくれなかったのか…便乗商売みたいに感じてしまってちょっと複雑だったので最終巻だけ購入…。

    初期は比較的「本の紹介」に近い感じだったけれど、だんだん「本にまつわるエッセイ」から「その本を起点とした話」「その本のエッセンスをインスピレーションとした何か」と変化してきて、最終的にはショートショートみたいになったこの連載。そのふわふわとした夢の様な(時に悪夢だったりもする)空気は紛れも無く吉野作品だなあという感じなのだけど。

    読書家の書評集などを読むと、その幅の広さに感心すると同時に、それでもその人の読書傾向は明らかにあるのが面白いし、その何百何千倍も広がる書物の世界の広さに毎回クラクラする。人が書いた世界だけでも到底追いつけないのだから、この世のことなんてわかっているようなことでも何一つわかっていないのだろう。

  • とてもゆっくりの刊行ペースだったけど、刊行を楽しみにしていた『吉野朔実劇場』のハードカバー単行本。残念ながら、もうこれ以上巻を重ねることはなくなってしまった。

    ジャンルの幅広い本と、それをテーマにした素敵な絵語りが魅力的(「ポール君と迷路」はエッセイマンガというよりも、本職の少女漫画家としての吉野朔実ワールドが炸裂して素晴らしい)なのだが、意外と各回のタイトル付けが好きだった。ルメートル作品2冊を紹介した、「上手な下世話」が個人的に「あ、なるほどな」と膝を打った。

全8件中 1 - 8件を表示

吉野朔実の作品

ツイートする