本の雑誌386号

制作 : 本の雑誌編集部 
  • 本の雑誌社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860113483

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うぅむ、本を返さないってそんなに一般的?
    ま、あまりほんの貸し借りはしないし、貸すにしてもほとんど仕事で使う専門書だから、仕事が終わったら返ってくるし、もう読まないような本ならあげちゃうことが多いし、自分には当てはまらないかな。
    上半期のベストは買ってはいるけど読んでいない「ビックデータ・コネクト」がトップに入っていた以外では、被っているものなし。
    ま、例年のごとくと言うことでしょうか。(^^;

  • 2016/2/6 読了

  • 図書館で借りた本、なくしたりダメにしたらどうなるのかと思ってたのでいろいろ勉強になりました。
    鞄の中でペットボトル飲料の水滴でふやけたり、雨の日に無造作に持ち歩いてしまったり…今までしてないけどうっかりやりかねないようなこと。気をつけないと、ですね。
    図書館から借りている本は、あくまでも期間限定で借りている他人の本なんだ(=自分の本を他人に貸した時にされたくないことはしちゃいけない)と改めて考えさせられました。

  • こんな本が面白いとわたしは思います、という雑誌。雑誌なので中身をおもきり書く。「上半期ベスト1」という特集からの紹介本を二冊ばかし読むことにした。『・・・、妻の犬』という犬好きにはたまらんらしい本と『ビッグデータ・コネクト』というIT-SF本(新ジャンル♫)。さらには「どうしておめぇらは借りた本を返さねのだこのやろ!」という怒りの特集。だいたいに、借りたことや貸したことを忘れてる、ということが本質的なモンダイなのだが、そのことに大変に不まじめにQ&A方式を用いて答えている木村弁護士にわろたw そして『笑う門には福来る』という本のアドで濁したお茶をウマそうに飲んでいる人もあいかわらづ居ました。イイネ!
    (最近豊崎なんとかシャチョーというちっこいちっこい人の記事が無い。いやぁ良くなったなぁ)

  • 人に貸した本は帰ってこない。

  • 2015/07/17 購入。特大号の特集は「人はなぜ本を返さないのか⁉︎」。でも自分は人に本を貸した記憶はないし、借りたのも唯一大友克洋のコミック(単行本)ぐらい。

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする