はじめましての中国茶

著者 :
  • 本の雑誌社
4.11
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860114053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中国茶って、興味あるけど、種類が多すぎて、何がオススメなのか全然わからない、という方にうってつけの本書。
    著者の池澤春菜さんは、高い知識を持ちながらも、自分なんてまだまだです、という姿勢で、中国茶の種類や歴史、道具などを、初心者にもわかりやすく教えてくださいます。中国語が読めなくても大丈夫!
    目玉が飛び出るくらい、お高いお茶もあるけれど、本書では、日常に溶け込んだ、気取らないお茶スタイルも提案されています。春菜さんの、1日中ポットに入れたお湯を継ぎ足して、温かいお茶をざぶざぶ飲むライフスタイル、とっても素敵。
    熊崎俊太郎さんとの出会いが、静岡のイベントに招かれた時に、春菜さんからお声をかけたというのが意外でした。
    ジャスミンティーやウーロン茶が有名だけれど、それ以外の、本物を手にとってみたくなりました。

  • 2020/9/6 読了

  • 平易で良い。カジュアルなエッセイの中にお茶の知識が散りばめられている感じで、著者の人柄がよく出ている。どの程度網羅されているのかはわからないが、素人目には一通りのことがざっくりわかるのでその点でも良い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

声優、エッセイスト。父に作家の池澤夏樹、祖父に作家の福永武彦を持ち、自身も「ダ・ヴィンチ」や新聞各紙で連載を持つなど文筆家としても活躍。台湾渡航歴は50回に迫り、台湾への愛を詰め込んだ自身初の旅グルメガイドブック『最愛台湾ごはん 春菜的台湾好吃案内』は、各方面から絶賛され、話題を呼んだ。台湾好きは食にとどまらず、東京・小石川で変身写真館「ミニーナ」を主宰。高級評茶員、中級茶藝師、紅茶アドバイザーの資格を持つお茶マニアでもある。

「2021年 『火守』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池澤春菜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
アントニオ・G・...
ヴィクトール・E...
ヨシタケシンス...
池澤 春菜
スタニスワフ・レ...
芦田愛菜
ヨシタケシンスケ
レイチェル・L....
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×