mamechan

著者 :
  • ブルースインターアクションズ
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784860200978

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きな、はまのゆかさんの初スケッチ絵本

    見ているだけで【しあわせ】になる。
    好きですね♪

  • mamechanは、すごく純粋な子だと思いました。たしかにmamechanの行動は、”え!?って思うようなことだけど、でも純粋だからこそだと思います。なんだか、微笑ましいですよね。

  • 「13歳のハローワーク」の挿絵のはまのゆかさんの鉛筆のラフスケッチ集。のびのびとした線が気持ちいい。mamechanの行動ひとつひとつが楽しいです。

  • 眺めているだけですごく懐かしい気持ちにさせられます。
    大人にはイタズラにしか見えないことを大真面目にやっているmamechan。でもmamechanだけでなく、みんなが小さい頃にやっていたようなことだからこそ、懐かしく微笑ましい気分になるのだと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

絵本作家/イラストレーター
1979年大阪府生まれ。京都精華大学マンガ専攻卒。
大学在学中に、村上龍『あの金で何が買えたか』の挿画でデビュー。以後、村上龍『13歳のハローワーク』、ロベルト・カルロス『ちいさくても大丈夫』など多くの話題作でイラストを手がけた。絵本の創作にも意欲的に取り組み、これまで発表した作品に『mamechan』『ペットショップ・モピ』『だんじりまつり』『いもほり』がある。2007年、日本漫画家協会賞特別賞を受賞。『新13歳のハローワーク』『13歳の進路』(ともに村上龍著・幻冬舎より10年3月発売)を手がけた。

「2016年 『日本の伝統行事(図書館・公共用) Japanese Traditional Events  For  Public』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はまのゆかの作品

ツイートする