LIFE AT SLITS (P‐Vine BOOKS)

  • スペースシャワーネットワーク
3.91
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860202477

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/4/10購入
    2016/5/28読了

  • Zooには結構行ってたんだなと。Slitsになってからは多分行ってないような記憶が。

  • 見事な構成
    私の愛する人たちの青春記録
    Fine configuration.
    the lovers youth recorded

  • 下北の伝説的クラブにまつわる証言集。面白いが、本当にドライに証言のみで構成しているため、時代背景等へのある程度の知識と想像力が必要か。

  • 山下直樹のまえがきがアタシには名文だった(「残念ながらこんな店はもうやれないし、こんな時代は二度と来ないのだ」なんて言い切るあたりとくに)ので、それだけで本体2200円出した甲斐があったのだけれど、徹底徹尾証言で構成しただけあって、アタシが妄想した「ZOO」と「SLITS」の空気が、混沌と熱量が本全体に溢れている。<br />きっと、WWW誕生直後のインターネットコミュニティや第1回のコミケもこんな感じだったと夢想する。<br />読むだけで、無性になにかをしたくなる本。<br />おそらく本当に「こんな時代は二度と来ないのだ」<br />けれど、アタシはこうも思う。それは過去を美化しているにすぎないと。もうさほど若くはないけど、アタシはもっとスゴい時代に、とんでもない混沌と熱量の渦中で遊ぶのだ。<br /><br />でも、正直、羨ましいよなぁ。宇川直宏とかなんてことしてたんだ!(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1971年名古屋生まれ。東京学芸大学障害児教育学科を卒業後、渡欧。スイスにある治療教育施設、ゾンネンホーフの治療教育者養成ゼミナールにて学び、1998年修了。
帰国後、岩手県中央児童相談所で心理判定業務に従事。知的障害児施設県立「たばしね学園」の児童指導員、県立児童館「いわて子どもの森」指導員など、主に児童福祉の現場で働く。
シュタイナーの治療教育を実践するために福祉の現場を退職し、2004年から東京都西荻窪にて、シュタイナー子ども発達相談室Patioを主宰。発達に何らかの心配のある子どもたちへの療育や、保護者への発達相談、幼稚園・小学校へのコンサルテーションを行っている。
また、シュタイナー教育を取り入れている港南台幼稚園(横浜市)にてスクールカウンセラーとしても勤務している。

「2007年 『気になる子どもとシュタイナーの治療教育』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山下直樹の作品

ツイートする