ブラー ブリット・ポップと100万ポンドのシャンパンの日々 (p‐Vine BOOKS)

制作 : 恩蔵茂 
  • スペースシャワーネットワーク
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860202583

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブラーのベーシスト、アレックス・ジェイムスの自伝本。出生からブラーの成功と苦悩から、ブリットポップ狂想の日々や退廃からの脱出、宇宙……とブラーファンなら納得の一冊。デーモンほど傲慢でもなく、グレアムほど繊細でもないブリットポップを人一倍楽しんだアレックスならではのシニカルでどこか客観的な視点の物言いが楽しい。グレアムとの少年期から青年期、そして中年(と言うのはあれなのかもしれないが)期への友情の移り変わりはちょっとした青春小説のようでもある。単なるファンジンを越えた、繰り返し読み返す価値のある本。

  • 90年代の代表的ブリットポップバンド、Blurのベーシストの自伝。
    イギリスの有名人の私生活が赤裸々に綴られていて、単純に面白く読めます。
    この人は、アーティストとしての才能もさることながら、
    派手な有名人ライフを素直に楽しめるフットワークの軽さを持ってますね。

  • デーモン、グレアム、そしてデイブさん。
    個性的な人たちを、上手にまとめてくれたのがアレックスだったんだ。
    曲名がどんどん出てくるから、音楽を聴きながら読みました。

    音楽業界からちょっと離れた現在でも、おいしいチーズの生産者として、また文筆業でも成功してるよう。
    このバランス感覚がうらやましい。

    そんなアレックスでも周囲の人たちとギクシャクしたことがある。
    それは結婚したとき。
    まさにLife-changing な出会いだったみたい!

    これからもステージに上がったり、レコーディングしたり、元気な姿を見せてほしい。

  • あっという間に読めた。
    大好きなバンドの裏側、
    世界的なショービジネスの裏側、
    すげーなーって感動したし
    心あったまったなー

全4件中 1 - 4件を表示

ブラー ブリット・ポップと100万ポンドのシャンパンの日々 (p‐Vine BOOKS)に関連するまとめ

ツイートする