雲のごとくリアルに 青雲編 長い距離を旅して遠くまで行ってきたある編集者のオデッセイ (P‐Vine Books)

著者 :
  • スペースシャワーネットワーク
3.67
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860202668

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アメリカの先住民であるインディアンの知恵を紹介した本の作者である北山氏の、青春時代の回想録のようなエッセイ。

    北山氏がどのようにして出版界に関わるようになり、どんな志を持って、どんな人と一緒に仕事をし影響を受けたのか、ワンダーランド、宝島という雑誌の成り立ちや内部事情等々が語られている。

    片岡、植草という、アメリカ文化や文学の優れた紹介者であった二人の影響の大きさを垣間見ることができて興味深かった。

  • 宝島、ホットドッグプレス、POPYEY...若者向雑誌の猥雑ともいえるエネルギーを発散し続けた北山耕平の青春期。とにかく熱い、当時の雑誌づくりの雰囲気が伝わってくる。

  • spectator vol.17でのロングインタビューを読んで買った本。一晩で読みました。最近、個人的に60、70年代の思想に興味がありますが、この時代の思想はいま聞いてもちっとも色あせないですね。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1949年神奈川県生まれ。79年に北米でネイティブのメディスンマンと出会い、アメリカ先住民の精神復興運動に参加。環太平洋の先住民族の生き方と精神世界を探求するなか、地球のネイティブ・ピープルに伝えられたストーリー・テリングを学び続ける。著書に『アシハヤ』『星の少年』『鷲と少年』『ますらお』(以上、ビイング・ネット・プレス)『パワー・オブ・ストーン』(荒地出版社)など多数がある。

「2006年 『アレクサンダー・テクニーク入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北山耕平の作品

雲のごとくリアルに 青雲編 長い距離を旅して遠くまで行ってきたある編集者のオデッセイ (P‐Vine Books)を本棚に登録しているひと

ツイートする