アンジェリーナ・ジョリー 彼女のカルテ (P-Vine Books)

  • 59人登録
  • 3.53評価
    • (6)
    • (8)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 15レビュー
制作 : 長澤あかね 
  • スペースシャワーネットワーク (2008年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860202897

アンジェリーナ・ジョリー 彼女のカルテ (P-Vine Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イメージや作られたキャラクタの中で生きる大変さを感じる。

  • ご両親の離婚、父親との不和、ドラッグや自傷行為に溺れる青春時代。
    いろいろやって学んで今のアンジーがあるのかな…って思いました。
    自分にまっすぐなところはキライじゃないし、反日らしいって話もアンジーがそう思うならご自由にどうぞって感じ。
    自分が思ったままに生きるって大変なことだと思うから、それを実践している彼女は美しいと思う。
    本の内容自体は、たいしたことは書かれていなかったけれどね。

  • こんな個性的で素晴らしい人だとは知らなかった。

  • かっこいい。

  • 父親との確執程度しか目新しい内容がなく、基本的にはファンの誰もが知っている内容を再確認する程度だったのは残念
    もちろん本書の出来と、アンジーの生き方の素晴らしさには関係がない

  • 最愛の大地
    http://saiainodaichi.ayapro.ne.jp/
    株式会社 彩プロ / 最愛の大地
    http://www.ayapro.co.jp/products/detail.php?product_id=207

    P-Vine BooksのPR
    「父との確執から、ナイフ収集と自傷行為をくりかえした血とドラッグとアルコール漬けの十代、SMとタトゥーへの耽溺、略奪愛、バイセクシャル宣言、『トゥームレイダー』のロケ地カンボジアでめざめた慈善活動、国連親善大使への任命、ブラッド・ピットとの恋と出産まで……映画よりエキサイティングなアンジーの半生に、圧倒されること間違いなし!」

  • とにかく行き方がステキすぎて…言葉がありません。今度は彼女自身が書いた本も読んでみようと思った。

  • とにかく凄い。ここまで自分に自信をもって生き様を残してる。日本では考えられないぐらい強気で色んな意味で尊敬・・不都合なことはノーコメントってところも凄い。本気で死なない様に頑張ってもらいたいです。

  • イヤー☆
    カッコいい♪
    キレイだし、全てがうらやましい!!

    来世はアンジーになってみたい!!

  • アンジーと父ジョンボイトの関係が理解できた。
    アンジーの生き方は、かっこいい‼
    自由で素直に生きているところが好き。慈善活動に励んでいるところも。はちゃめちゃな行動や性癖、特にナイフで傷つける自傷行為は、理解に苦しむ。
    仕事に打ち込む姿勢に、プロ意識を感じ、自分も見習いたいと思う。
    アンジー好きには、たまらない内容になっている。夢中になって読んだ。

全15件中 1 - 10件を表示

ブランドン・ハーストの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
齋藤 智裕
マツコ・デラック...
白石 昌則
東野 圭吾
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

アンジェリーナ・ジョリー 彼女のカルテ (P-Vine Books)はこんな本です

ツイートする