鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)

  • スペースシャワーネットワーク
4.06
  • (42)
  • (47)
  • (30)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 332
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860202941

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鉱石はキレイだ。

    だけど、昔、地学部だった時は、詳しい友人の知識を
    聞いてるだけで、なんだか単に好きだと言えず
    天文やら気象の方へと走り

    『鉱石が好きなのに好きと言えない』
    『愛でたいのに愛でない』

    へんてこな地学部員で、高校を終えてしまった。
    そんなふうでは、基礎的な知識もつくわけがなく
    自分がどんなふうに鉱石が好きなのか解らないまま
    時間だけが過ぎた。

    で…いい大人になり、なんとなれば創作のキャラ
    に、鉱石や魔法の道具、美しいお菓子などを商う
    人を考えて、この本を参考資料にと手にした。

    冒頭から、まさに自分が描こうとしているような
    幻想のお店があり、手になずませ、愛しむ石たちが
    紹介されていた。

    黃鉱石のスクエア。
    水晶たちの透明度。
    砂漠の薔薇。

    自分がどんなイメージの鉱石を美しいと思うのか。

    どう慈しみたいのか。

    凝ったチェストに収めたい。
    ガラスの瓶に封じたい。
    箱に収められているものをそっと開けたい。

    アクセサリーになってるのも素敵。

    無骨で大きな鉱石よりも、そういうふうに愛蔵
    出来る、透明な石たちが欲しい。

    そんなイメージが出来て。

    どこに行けば石が見られるのか。
    どこで購入できるのか。
    もっと詳しくなりたいなら、どんな本を次に
    手にしたらいいのか。

    そういう、最初の入口になってくれる本。

    確かに専門的な碩学風の知識を求めたら

    この本何だ?だ。

    だけど、私みたいな鉱石好きには
    とても楽しい一冊だった。

    想像力を働かせて、開きたい本。

  • 再読

    この本、好き。
    扉をひらくと、鉱物と一緒に空間を共有しているみたいに
    時が止まっているような不思議な感覚になる。

    鉱物って小さな宇宙だと思う。
    地球の記憶の一部を手にしているんだな…と
    思うと
    じーん…と感動する。

    子供と一緒に見てるけど
    飽きない。

    • まっき~♪さん
      こっちの本の方が見ていてあきないですね。
      心がすぅーと落ちつきます。
      こっちの本の方が見ていてあきないですね。
      心がすぅーと落ちつきます。
      2012/07/25
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「心がすぅーと落ちつきます」
      どうして何だろう、、、作為が少ない分、自然に近いのかな?
      「心がすぅーと落ちつきます」
      どうして何だろう、、、作為が少ない分、自然に近いのかな?
      2012/07/26
    • まっき~♪さん
      >作為が少ない分、自然にちかいのかな?

      うん、そうかもしれません。
      自然というか…無機質?だからかもしれない。やっぱり宇宙なのかも。...
      >作為が少ない分、自然にちかいのかな?

      うん、そうかもしれません。
      自然というか…無機質?だからかもしれない。やっぱり宇宙なのかも。

      ごめんなさい、トンチンカンですね。
      2012/07/27
  • 子どもの頃、グラウンドで水晶探しばかりしていたのを思い出す、懐かしい空気感の鉱物解説本。今もカット済みの宝石には興味がなく、綺麗な石っころを見るとわくわくするお子様な私。

  • 鉱物にそんなに知識がありませんでしたが、電池が無くても鳴る鉱石ラジオや鉱石の育成など、驚きの世界を知ることができました。
    鉱物の博物館やショップの紹介も役に立ちました。

    貴重さではなく、純粋に綺麗と思う気持ちで鉱物を好きでいたいという話があり、そういう考えってすごく視野を広げてくれると思います!
    私は鉱物にがっつりハマる事は無い気がしますが、それでもやはり綺麗な石を眺めるとわくわくします。

  • 化学地学の難しい話はよくわからず、
    スピリチュアルは眉唾もの、
    ゆるゆる鉱石そのものを楽しみたい人にとてもいいと思います

  • きらきら輝く鉱物たち。
    手のひらにのせて、ころころ転がしてみる。ひとさし指で撫でてみる。

    可愛い。。。

    雑貨のように身の回りにおいてみる。

    疲れたとき。気分が沈んだとき。ふと目にとまる。
    幸せなとき。楽しいとき。ふと目にとまる。

    鉱物を、日常にながれる時間のなかへおいてみる。

    セピア色の思い出に、天(そら)の色を灯すのが鉱物みたいだ。

  • 感覚的に鉱物が気になる人にオススメの一冊。ここから入って二作目に進むといいかも。

  • 鉱物趣味の本。
    前書きには、鉱物の美しさを日々の暮らしに取り入れて楽しむ趣味嗜好の本であり、鉱物学の学術書、石のヒーリング効果をうたった本ではないと書かれている。

    鉱物を好む美術家へのインタビュー、鉱物の魅力、鉱物標本のある博物館、鉱物標本のあるお店やミネラルショーなどの紹介など。

    鉱石カフェいいな。一度行ってみたい。
    人工結晶キット楽しそうだな。やってみたい。
    とか、そんなことを考えながら楽しんだ。

  • 久々にわくわくする本と出合い、読んでしまうのがもったいなくて進んでいない。どきどきしながらじっくり、ゆっくり、愛でようと・・・嗚呼、美味しそう☆

  • 宮沢賢治を読み返したくなった。

全34件中 1 - 10件を表示

鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)のその他の作品

フジイキョウコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
桑原 弘明
山尾 悠子
有川 浩
クラフト・エヴィ...
長野 まゆみ
たむら しげる
ロナルド・ルイス...
クラフト・エヴィ...
梨木 香歩
フレデリック・ク...
クラフト・エヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)を本棚に登録しているひと

ツイートする