TOKYO大学博物館ガイド (P‐Vine BOOKs)

著者 :
  • スペースシャワーネットワーク
3.70
  • (6)
  • (11)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 105
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860203498

作品紹介・あらすじ

大学や専門学校の多くには誰でも気軽に行けるのにあまり知られていない博物館があるのを御存知ですか?学校ゆかりの博物館を約100件紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 博物館好きならわかるはず。
    大学付属の博物館が紹介されており、都内の博物館美術館を結構回ったと自負している自分でさえ全く知らなかった世界が開けています。
    都内在住なら是非。

  • まだ行っていないけど、確か生物の剥製やホルマリン漬けなどがたくさんある博物館だとか。

  • 東京にいるうちにいっぱい行っておきたい

  • 先日、小石川の東京大学管轄の博物館分館を訪ねた。
    そこから興味が広がって手に取ったのが本書だ。
    東京都内、ちょっと足を伸ばしても関東近郊の大学や学校が関連する博物館を紹介している一冊で、ありそうでなかったガイドブックだなと思う。
    案外身近にこんなところがあったのか、という博物館があり、興味深い。
    刊行から時間が経っているので現在閉館中の施設もあるのだけれど、適宜最新の情報を得ながら行ってみたい場所がいくつかできた。

  • 大学に一般公開された博物館があることに驚いた(しかも多くが無料!)。博物館を紹介する写真が大きくて見やすく、ぜひ行ってみたいなという気分になりました。

  • 東京堂書店シェモワでの出合い。

    子どもが将来どんな学校に進学するのかとか妄想しつつ眺めた。

    ベストな環境で、楽しんで、いっぱい勉強してほしいです。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784860203498

  • 写真が多いので楽しいです。東京芸術大学大学美術館と東京農業大学「食と農」の博物館くらいしか行ったことがありませんでした。大学博物館はそれぞれの大学のルーツや強みの顕示であって、今もなお大学が存続していることの誇りを感じます。

  • 写真も素敵でした。

  • 東京近郊の大学博物館がいっぱい。写真が綺麗で眼に楽しい。この間、東京理科大学と成蹊大学に行った際、見学した博物館も掲載。目下、気になるのは立教の旧乱歩邸である。

全11件中 1 - 10件を表示

大坪覚の作品

TOKYO大学博物館ガイド (P‐Vine BOOKs)を本棚に登録しているひと

ツイートする