はじめてのイスタンブール 雑貨とおいしいものと音楽に出会う旅 (P-Vine Books)

著者 :
  • スペースシャワーネットワーク
3.62
  • (1)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860203948

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イスタンブールに行ってみたい。

  • 港Lib

  • 目的
    トルコに5泊7日の卒業旅行に行く為、トルコの雰囲気を知りたいと思い読んでみる事に

    感想
    これ1冊ではガイドブックにはなりえないが、地球の歩き方をガイドブックとして、+こういう紀行文のような本を行く前に読むことは旅行先の見どころ・雰囲気を知るのに凄い為になると思いました。

    この本は、紹介している場所を、著者の簡単に作ったかわいらしい地図に載せてくれているので、その場所を地球の歩き方の地図にメモしていく事で行きたいとこをどんどん考えていく事が出来ました。
    特に、観光地から個人的にいいと思った部分までカバーしてくれているのが良かったです。
    見ておかなければいけない場所と、自分でもっとこういうカルチャーを掘り下げて観光したいと考える事が出来ました。
    地球の歩き方は、一つ一つの見どころについては詳しく書いていないので、とても有用に読ませて頂きました。


    私みたいに、どこから調べたら分からない人はまずこういう本と一緒にガイドブックを見て、予定を決めていくといいと思います。
    もちろん交通手段とかは地球の歩き方の方が充実しているので、あくまでも見どころを知る為に使うという感じですね。

  • 一ヶ月、アパートタイプの宿を借りて、ちょっと腰をすえて暮してみた、イスタンブールガイド。カフェ、レストラン、雑貨屋さん、ライブなど、2009年前後の様子が、若山さんの色とりどりのイラストとかわいい手書き文字で伝わってくる。羊の胃袋のスープ、食べてみたい!クンピルもう一回食べたい!イスタンブールのクラブシーン、身体でかんじてみたい!夕焼けの金閣湾に佇みたい!と思った。自らもベリーダンスやる、という身からセマ・ユルドゥズと知り合ったり、日本人ベリーダンサーノーラと衣装買いに行ったりイベント開いたり、ダンサーとしてステージにあがったり、アクティブ!紹介されていたババズーラ、だいぶまえに、大学時代の指導教官がプレゼントしてくれたのをひっぱりだして、聴いてみたりしてなつかしく思った。自分が行った15年前からもだいぶ変わっているようだし、いまも生き生きと変わりつづけているんだろうな、と思う。

  • イスタンブールに行こうと思って買ったけど、この本を読んだら更に行きたくなった。とてもかわいい本。でもそれだけではなくてちゃんと情報も充実していた。

  • イスタンブールに旅行した目線で書かれています。
    料理がおいしそう。

  • イラストが豊富なイスタンブールの紹介本。
    中身がとにかくかわいくて、即買いでした。

全7件中 1 - 7件を表示

若山ゆりこの作品

ツイートする