ミュージシャンと猫 (P-Vine Books)

  • スペースシャワーネットワーク (2011年6月17日発売)
4.07
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860204303

作品紹介・あらすじ

ミュージシャンに愛された猫たちの物語。

ミュージシャンと猫 (P-Vine Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ステージ上では見ることのできない
    ミュージシャンたちの、
    愛するものにしか見せないであろう
    うっとりとした笑顔(微笑)


    ああ〜この人たちは
    本当に猫が好きで、
    どの家の猫も
    愛されていると実感しているからこそ
    どこか誇らしげなんだって
    それぞれの
    愛の抱擁写真を見ながら思いました(^_^)



    うちのデブニャンも
    他所から見たら
    あんな風に幸せそうに見えるんかなぁ〜


    …な〜んて
    ちょっと不安になったりして(汗)



    ミュージシャンに猫好きが多いのは
    気ままな猫同様に、

    どこまでも自由であることや、
    自分らしくあることに
    正直だからだと思う。


    ライブでは
    聴く人のフラストレーションを一身に受け止め解放し、
    それをフィードバックして
    人々を癒し
    勇気や元気を与え続ける立場の
    ミュージシャンという職業。


    だからこそ
    家に帰れば
    付かず離れずの絶妙な距離感で
    和みをくれる、

    丸くて可愛いものに
    癒しを求め
    惹かれるのかもしれないですよね。



    それにしても
    飼い主はもとより
    猫たちがまた
    みんないい顔してる(^_^)


    やっぱ御主人が作る
    いい音楽を
    毎日聴いてることが
    笑顔となり
    美しい毛並みを保つ秘訣なんだろうな(笑)


    うらやましい限り!




    まだまだ猫好きのミュージシャンは沢山いるハズなので
    (斉藤和義とかまつきあゆむとか坂本美雨さんとかトータス松本とか中山うりさんとか)
    是非とも続編を!



    あっ、表紙の
    とろけそうな顔のニャンコは
    うつみようこさんの愛猫
    はなちゃんです♪

  • ネコ飼ってみたいな、
    と思う。
    あぁ、どうしよう。

  • 猫と飼い主との絆の強さが垣間見れて、とっても和みます(*^^*)

  • 面白かったです。

  • ねこはほんと、
    なんつー表情すんだろね。

  • 私は、大学生の頃にとある売出し中のバンドを必死に応援していました。
    残念ながら解散してしまいましたが、ボーカルの彼がネコをずっと買い続けていることを知り、そしてこの本の存在を知りました。

    どのミュージシャンも、みんないい人や(TОT) と思えるほど、暖かさにつつまれた本です。

    一番泣けたのは、牧野さんちのマル。
    マルが亡くなった時の手記は、昔「猫びより」を定期購読して読んでいた時から知っていましたが、亡くなった後もずっと、マルちゃんと共に生活していると語っているのを見て、号泣。

    ねこ。好きだなぁ。

  • 猫と暮らすことに憧れが増しています。うう。
    表紙もかわゆいけれど、裏表紙もたまらん。うう。

全11件中 1 - 10件を表示

佐々木美夏の作品

ミュージシャンと猫 (P-Vine Books)はこんな本です

ツイートする