人を笑わす方法―『笑いの方程式と実践4コマ漫才』

  • ながらみ書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860234171

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一段落とし
    笑い=安心感(価値) ー ワザとらしさ(冗長)
    二段落とし 相手の予想を裏切る
    笑い=安心感(価値) + 意味 ー ワザとらしさ(冗長)
    例え安心感で落差が生まれても、ワザとらしさがなくても「意味」が逆でなければ、その意味がワザとらしさと同じ様な役割を果たしてしてしまう。
    1. 言葉・洒落 
    闘争と逃走○、闘争と党争×、◯天敵と点滴、バリケードとデリケート、ワイルドとマイルド
    2. 言葉・意味の幅
    曙はデブだねぇ、だって、東京ドームに入りきらなかったんだから
    3. 言葉・慣用句
    俺の彼女は約束を全然守らないんだよ。だから今度は約束を守るように釘を刺しといたよ。頭に。
    ムカつく奴に一杯食わせる→飯を奢る、白羽の矢を立てる→本当に矢で射る、ガールハント→本当に狩猟で狩る
    4. 言葉・抽象
    上位カテゴリーの言葉が下位カテゴリーの言葉を内包する
    リサイクル→原爆、ボランティア→自爆テロ、腐った食べ物→ピータン、チーズ、クールビズ→裸
    5. 言葉・連想
    先生が生徒のような行動を取る、警察官が犯罪者のような行動を取る、天才が馬鹿の様な行動を取る
    6. 言葉・評価の差
    子供を性の対象として評価する、同性を性の対象として評価する、死体を性の対象として評価する
    7. 言葉・行動決定の差
    好物だから先に食べる・好物だから後に取っておく、子供が大切だから厳しく育てる・子供が大切だから優しく育てる、親しい友だから礼儀を重んじる・親しい友だから礼儀を軽んじる
    8. 言葉・結果の推論(順行推論)の差
    未来を予想する思考が結果の推論。そして結果の推論に基づいて行動する。しかし、結果は自分の思ったとおりになるとは限らない。
    エアバッグに押しつぶされて死んでしまった。人工呼吸で肺が破裂して死んでしまった、愛する子供を抱きしめたら、子供の全身の骨が折れてしまった
    9. 言葉・過去の推論(逆行推論)の差
    結果から過去を予想する思考が逆行推論。
    若い男女が深夜ラブホテルから出てきた→ホテルでヤったに違いない・ホテルの従業員だった
    自転車が無くなっている→盗難にあった!・酔って自分がコンビニに置き忘れた
    インターネットに接続できない→パソコンが故障した!・プロバイダに料金を払ってなかった
    妻が殺されている→何者かに殺された!・二重人格の自分が殺していた
    10. 言葉・特殊
    言語の構造の弱点を突いたもの
    「よーいドン!と言ったらスタート。」「やってません。一回しか」
    11. 視覚・感情
     人間の感情は、外見から推論するしかない。泣いてる人は悲しくて泣いてるのか、嬉しくて泣いてるのか分からない
    12. 視覚・動機
    人間の動機も可視化できない。
    人の命を救いたくて救急救命士になった・人の苦しんでる顔を見ると興奮するから救急救命士になった
    娘が可愛いから娘の運動会を録画する・ロリコンだから娘の運動会を録画する
    立派な大人を育てたくて教師になる・子供に体罰をしたくて教師になる

    言葉フロー
    視覚フロー(パターン、図と地、群化、錯覚)
    行動フロー(習慣、不可視、自律神経)*括弧内は、ワザとらしさを打ち消す理由

全2件中 1 - 2件を表示

えるぼう三沢の作品

人を笑わす方法―『笑いの方程式と実践4コマ漫才』を本棚に登録しているひと

ツイートする