先人たちの知恵袋―ことわざエッセイ

著者 :
  • 清流出版
3.23
  • (0)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860290078

作品紹介・あらすじ

"ことわざ"は、先人たちの知恵の塊!「モテモテの弟」「山んばだった母」「赤パンを穿いて痩せる女友だち」…。群ようこを取り巻くユニークな人物が次々登場。痛快"ことわざエッセイ"。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近読むのは彼女の最新エッセイばかりだったので、10年ぐらい前の話は久しぶりに読みました。
    実生活と諺は密接しているんだなあと納得。

    このとき飼ってた猫はしいちゃん・・・?

    東北で老後を過ごそうと思っていたら地震が、というところがあり、先日の地震を思わされました。
    こんな昔から予兆はあったのか…

    猫を偶然拾って飼ってその後2匹猫を買う夫婦の話は昔他の本で読んだ(多分この本ではない)ので懐かしかったです。

    群ようこ座右の銘「明日できることは今日やるな」もでてきて群ワールド炸裂です。

  • 赤パンはこうかな...

  • 群さんのエッセイが好きで結構読んでいます。
    ことわざをタイトルに、群さんの日ごろ思っていること・振り回させる母親のことなどが
    軽めに書かれています。
    読みやすくてさらっと読めますが、もっとネコの事が読みたかったー。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

群 ようこ(むれ ようこ)
1954年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。広告代理店に就職するが半年で退職。6回の転職を経て「本の雑誌社」に事務職で入社。やがて本名で『本の雑誌』に書評を執筆しはじめ、1984年『午前零時の玄米パン』でデビュー。同年退社し、作家専業となる。
代表作として映画のために書き下ろした『かもめ食堂』、ドラマ化された『パンとスープとネコ日和』など。

群ようこの作品

ツイートする