漫画に愛を叫んだ男たち トキワ荘物語

著者 :
  • 清流出版
3.18
  • (0)
  • (6)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860290757

作品紹介・あらすじ

手塚治虫、石ノ森章太郎、藤子不二雄、寺田ヒロオ……。漫画史のその名をとどろかせた「トキワ荘」アパートの住人たち。長谷邦夫と赤塚不二夫もこの中にいた。その後、長谷は赤塚のブレーンとして、また、ある時はゴーストライターとして、陰になり、日向になり支え続けた。赤塚不二夫という天才漫画家の「光と影」を見事に描ききった秀作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  
    ── 長谷 邦夫《漫画に愛を叫んだ男たち トキワ荘物語 20040509 清流出版》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4860290755
     
    (20150905)
     

  • 手塚治虫、赤塚不二夫、石ノ森章太郎、藤子不二雄、寺田ヒロオ。伝説のトキワ荘に集った漫画少年たちの中に天才赤塚不二夫もいた。その出会いから別れ。渾身の書き下ろし小説。

    著者は赤塚のブレーンやゴーストライターとして陰、日向に支え続けた。本書では天才漫画家の光と陰を描ききっている。

    本書を読むと青年時代の熱気が感じられ心地よい。漫画に対し熱い情熱を注ぐ。明るい面があれば暗い面もある。トキワ荘メンバーだった著者が天才赤塚を支える側にまわった時にどの様に折り合いをつけたのであろうか。興味深いが窺い知る事は出来ない。

    天才赤塚はアルコールにより蝕まれ創作活動に差し障りが出てくる。破天荒に見えたが天才を演じるがゆえに酒に頼ったのか。懸命に支えた著者は最後に見切りをつけるのだがなんとも悲しい。

  • おもしろい。

  • 自身も漫画家で,長年赤塚不二夫のブレーンとして赤塚を支えた著者が,
    半生を綴る。

    漫画家たちの情熱は伝わるものの,
    登場人物が多すぎて,読みづらい。

  • トキワ荘のその後。
    トキワ荘の住人二人はアル中になった事実が重い。

  • 赤塚不二雄氏とのくだりは切ないです。

全6件中 1 - 6件を表示

長谷邦夫の作品

ツイートする