中国よ、「反日」ありがとう!―これで日本も普通の国になれる

著者 :
  • 清流出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860291235

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2005年の時点で、いつか再び中国で反日が顕在化する日が来るのはわかっていたのに、結局国としても企業としても充分な備えができなかったという事だよなあと。

  • これで日本も普通の国になれる
    (「BOOK」データベースより)
    日系企業襲撃、東シナ海の天然ガス盗掘、日本領海を侵犯するスパイ船、尖閣諸島への露骨な野心、中国人による凶悪犯罪の激増。これでも中国は法治国家と言えるのか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1946年、石川県金沢生まれ。評論家。早稲田大学中退。「日本学生新聞」編集長、雑誌『浪曼』企画室長、貿易会社経営などを経て、1982年『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇デビュー。中国ウォッチャーとして知られ、全省にわたり独自の取材活動を続けている。著書に『世界から嫌われる中国と韓国 感謝される日本』(徳間書店)、『世界を動かす悪の孫子』『アメリカの「反中」は本気だ!』(ビジネス社)、『習近平の死角』(育鵬社)など多数。

「2018年 『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮崎正弘の作品

中国よ、「反日」ありがとう!―これで日本も普通の国になれるを本棚に登録しているひと

ツイートする