お礼まいり

著者 :
  • 清流出版
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860293314

作品紹介・あらすじ

三島由紀夫から託された遺言、あたたかな交流のあった山本夏彦や久世光彦との別れ…。喪失感を抱えながらも、生きることの意味を問う。生と死の深淵を見つめた珠玉の随筆。悪性リンパ腫を克服、奇跡の完治を果たした著者の復帰第一作エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本のタイトルは「お礼まいり」である。著書の中のコラム名は「御礼まいり」である。「御礼」はガン克服に対する御礼であり、「お礼」は本日まで生きながらえる事ができた事へのお礼である。様々な人との出会いが生きる糧となった事へのお礼である。
    私もあと数年で還暦を迎える。感謝の気持ちを書き留めておきたい。2011/1/2

  • 三島由紀夫氏との話が印象に残った。
    市ヶ谷駐屯地で割腹自殺をする頃の彼と飲み、「自衛隊はもうダメだァ」と呻くあたりの記述が絶望した三島氏の姿が浮かぶようだった。

    亡くなった親交のあった著名人へのオマージュ的な色合いが濃い本だと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

徳岡孝夫の作品

お礼まいりを本棚に登録しているひと

ツイートする