ひとりの老後は大丈夫?

  • 清流出版
3.44
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860293352

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吉沢さんは65歳から現在の95歳まで戸建て住宅独居、50代の岸本さんはがんを患いながらのマンション独居。別住まいの父親の介護も担う。ひとりくらしベテランのしなやかなお二人の親近感あふれる「ひとりくらしあれこれ対談」。ひとり暮らしのメリットは「全部自分が決定権を行使できること」。それを活かしてこそのひとり暮らし、もちろん病んだ時、緊急のとき、助けてくれるのは隣人や友人たち、どんなになっても社会の一員であり、人とのコミュニケーションこそ最大の喜びかつセキュリティだということ。苦にならない家事、楽しい食事法、日常の考え方、死後の始末のことまで、本当に丁寧で優しいお人柄が現れた対談。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九一八年、東京生まれ。文化学院卒業。生活評論家、エッセイスト。十五歳から仕事をはじめ、事務員、速記者などを経て、文芸評論家の古谷綱武氏と結婚。家庭生活の中からの見聞や、折々の暮らしの問題点、食文化などについて提案し、執筆や講演活動、ラジオ、テレビなどで活躍。姑、夫と死別したのち、六十五歳からの一人暮らしは三十年を超える。二〇一八年一月、一〇〇歳を迎えた。著書多数。

「2018年 『100歳の100の知恵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひとりの老後は大丈夫?のその他の作品

吉沢久子の作品

ツイートする