目的をもたない意志―山川方夫エッセイ集

著者 :
  • 清流出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860293512

作品紹介・あらすじ

作家論から恋愛論、東京論、映画評論まで。夭折の天才作家山川方夫のエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文学

  • 「夏の葬列」が印象的な、著者の映画評、東京にまつわること、自分の人生についての三章立てのエッセイ。「要するに私は生きたいのであり、とりたてて他に私のいいたいことは何もない気がする。私は生きたい。私の生きることの価値をつくり出していきたい。」「生きることは、あらゆる点でひどく忍耐のいる仕事だ。しかし、生きようとしない人間には意味がない、と私は思う」(「灰皿になれないということ」)/こんな出だしとしめくくりのエッセイ。なろうと思えば、人間、灰皿にだってなれる、というある作家の言葉、意志力への信頼への懐疑をいだくタイトル。/彼女が執着し、愛しているのは、じつはいつもこの存在を喪失したなにかなので、喪失したそのなにかへの追慕、偏執的なともいえる執着とその激情、それがデュラスの作品に一貫してながれている彼女の個性である。僕が、彼女の個性につき、「目的をもたない意志」という理由はここにあるのである。(「目的をもたない意志」)

  • エッセイ読んでみたかった。石原慎太郎論(65年)は今も通用する。ぶれてないんだなあ(慎太郎がw)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1930年、日本画家山川秀峰の長男として東京に生まれる。慶應義塾大学大学院文学研究科仏文専攻中退。1954年第3次「三田文学」創刊。創作活動も始め、芥川賞候補4回、直木賞候補1回となるが、受賞に至らず。1965年2月20日交通事故のため逝去。享年34。主な著書に『海岸公園』『親しい友人たち』『愛のごとく』『山川方夫全集』などがある。

「2015年 『展望台のある島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山川方夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
リディア・デイヴ...
ショーン・タン
伊藤 計劃
赤坂 真理
ヴィクトール・E...
今村 夏子
いとう せいこう
三浦 しをん
ラッタウット ラ...
イタロ・カルヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×