小津ありき ―知られざる小津安二郎―

著者 :
  • 清流出版
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860294045

作品紹介・あらすじ

先ごろ、英国映画協会が発行する映画雑誌『サイト&サウンド』誌で、世界の映画監督358人が投票で決める最も優れた映画に、小津安二郎監督の『東京物語』が選ばれた。また、映画批評家ら846人による投票でも『東京物語』は3位に選ばれた。その『東京物語』が7月上旬、ブルーレイで、その他小津映画20作品もDVDで一斉発売される。小津映画の魅力を再発見する意味でも、本書はガイドブックとして最適である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【選書者コメント】生誕110年、作家小津にせまる!

  • 【書評】『小津ありき 知られざる小津安二郎』田中眞澄著 日本的無常観へ届く視線 評者:中野翠(コラムニスト)- MSN産経ニュース
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/130818/bks13081807590004-n1.htm

    清流出版のPR
    「今年、生誕110年、没後50年。いまや小津安二郎は、世界から崇拝される巨匠となった。小津研究の第一人者が、小津映画の魅力へと誘うガイドブック。

    先ごろ、英国映画協会が発行する映画雑誌『サイト&サウンド』誌で、世界の映画監督358人が投票で決める最も優れた映画に、小津安二郎監督の『東京物語』が選ばれた。また、映画批評家ら846人による投票でも『東京物語』は3位に選ばれた。その『東京物語』が7月上旬、ブルーレイで、その他小津映画20作品もDVDで一斉発売される。小津映画の魅力を再発見する意味でも、本書はガイドブックとして最適である。」

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1946年北海道生まれ。映画・文化史家。慶應義塾大学文学研究科修士課程修了。映画を民衆世相と社会思想の接点に据え、映画史の枠組みを超えた近現代史の独自な問題提起を行なう。著書に『小津安二郎のほうへ―モダニズム映画史論』『ふるほん行脚』(ともに みすず書房)、『小津安二郎周游』(文藝春秋、岩波現代文庫)など。編著書に『小津安二郎・全発言1933~1945』(泰流社)、『小津安二郎戦後語録集成』『全日記 小津安二郎』(ともにフィルムアート社)など。2011年逝去。享年65。

「2013年 『小津ありき 知られざる小津安二郎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中眞澄の作品

ツイートする