中国ことわざばなし ―古為今用(グ・ウェイ・ジン・ヨン)―

著者 :
  • 清流出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860294205

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の楊逸は、1987年に23歳で来日し、2008年に『時が滲む朝』で日本語以外の言語を母国語とする作家として初めて芥川賞を受賞した作家。
    主婦向けの月刊誌『清流』への連載された、中国のことわざをテーマとしたエッセイをまとめたものである。
    「静如処子、動如脱兎」、「杞人憂天」など一部を除けば、初めて聞くことわざばかりであるが、それらが表す昔人の知恵に、国・民族による差はないと感じた。
    一方、著者の現代日本の様々な出来事を見る目には、自分との微妙な違いを感じるところもあったが、それは文化や慣習を背景としたものなのだろうか。
    中国をはじめとする外国人の仲間と仕事をする機会が多い私にとって、少なからぬ示唆を与えてくれたように思う。
    (2014年9月了)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1964年、中国ハルビン市生まれ。2008年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。中国籍の作家として、日本語以外の言語を母語とする作家として史上初めての受賞となった。
2012年より日本大学芸術学部文芸学科の非常勤講師に就任。主な著書に『時が滲む朝』(文藝春秋)、『すき・やき』(新潮社)、『陽だまり幻想曲』(講談社)、『流転の魔女』(文藝春秋)、『あなたへの歌』(中央公論新社)、『蚕食鯨呑』(岩波書店)など。

「2017年 『エーゲ海に強がりな月が』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楊逸の作品

ツイートする