背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!

著者 :
  • 清流出版
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860294472

作品紹介・あらすじ

背骨は体を支えるだけでなく、中枢神経・自律神経の通り道でもあります。背骨の老化によって、動きが悪かったり、周囲の筋肉が固まってしまうと内臓や自律神経にもさまざまな悪影響が…。
自分の背骨の状況をチェックし、カンタンなエクササイズで、くびこり、肩こり、腰痛はもちろん、自律神経を整えて健康な体の状態を取り戻し、同時に心の状態も整えましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 肩の上げ下げ 30秒〜1分
    背骨ねじり ねじって3〜5回呼吸 左右2セット
     座っても可
    手を組んで上に上げて伸ばす 左右に揺らす
    手を後ろに組んで下げる
    手を組んで前に伸ばす

    鎖骨下のマッサージ
    ただし、烏口突起は触れてはいけない

    寝ながら仰向けでクロスして肩に手を当てて倒れる 3〜5回
    寝ながらツイスト
    前屈 手を後ろ

    胸骨や筋肉を動かすと隙間ができて内臓が動きやすくなる

    陰陽五行論

  • 健康は、背骨から。
    背骨=胸椎。

    様々な観点から胸椎をメンテナンスしなければならない理由や、誰でもできる体操法を説く。

    類書をいろいろ読んだが、これはかなり専門的で役に立つ。決して難しくないので、広くオススメできる。

  • (55ページまで読んだ 2017/3/18)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

静岡県出身。臨床家の父に鍼灸治療を師事。2004年に開業し、体の痛みや不調に悩んでいる人々へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。神楽坂ホリスティック・クーラ代表。東洋医学の健康観と背骨のしくみとはたらきを学ぶ「NURTURE(ナーチャ)」校長。「アラウンドセラピー」主宰。鍼師、灸師、あん摩マッサーシ指圧師。オーストラリア政府公認カイロプラクティック理学士 (B.C.Sc)、応用理学士(B.App.Sc)。中国政府認可世界中医薬学会連合会認定国際中医師。全米ヨガアライアンス200h 修了ヨガインストラクター。日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ教師。著書に『痛みと不調を根本から改善する背骨の実学』、『背骨、骨盤、足から治す腰痛の実学』『コリと痛みの地図帳プロが教えるマッサージの処方箋72』(すべて池田書店)ほか。自らが能動的に不調を改善しようと行動することの重要性を説き、「アクティブケア」の1つとしてピラティスを推奨している。本書では、体のしくみや不調の原因についての監修を行う。

「2018年 『新しいピラティスの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!のその他の作品

石垣英俊の作品

ツイートする