嫌いなヤツを消す心理術

著者 :
  • 清流出版
2.86
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860294564

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 嫌いなヤツを消す心理術。神岡真司先生の著書。誰しも嫌いな人やイヤな人、苦手な人がいるのは仕方がないこと。そんな嫌いな人に対して攻撃したり、憤怒したり、一方的に恨んだりしても、何の解決にもならない。自分の心を変えつつ、相手の心も変えることの大切さが学べました。

  • 結論から言うと生きてる以上
    嫌いな人が居なくなることはない。
    消えて無くなると言う意味で。

    それならばうまいこと距離をとって
    相手と自分にとって
    いい距離感を保つようにする方が賢明。
    無駄な時間やストレスを背負う必要はない。

    ポジティブシンキングとは別に
    こんな事で迷っても仕方ないと
    メタ視点を持つ事が大事。

  • ・攻撃された場合でもアサーティブ(冷静・お互いの関係が対等である)な対応を目指す→イメージトレーニングで練習を積む

    ・負のエネルギーが充満してるときは呼吸に意識を集中させる

    ・メタ認知で(自分を第三者目線で俯瞰的にみる)→緊張をほぐす

    ・嫌いな相手との関係改善は共通点発見→類似性、相補性の関係へ

    ・ネガティブな感情は紙に書いてスッキリさせる

  • 当たり前のことだが、自分が嫌っている場合は相手も嫌っている可能性が高い。それはそうだ。でも、だからといって嫌いな人を好きになるのも簡単じゃない。
    「消す」という表現が面白くで読んでみた。これは技術の問題なので、やってみる価値はあると思う。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

神岡真司(かみおか しんじ)
ビジネス心理研究家。
日本心理パワー研究所主催。
最新の心理学理論をベースにした法人対象のモチベーションセミナー、コミュニケーショントレーニング、
人材開発コンサルティングなどで活躍中。
世の中の「裏側」研究をライフワークとしている。
主な著書に『ヤバい心理学』(日本文芸社)、『10秒で相手を見抜く&操る 心理術サクッとノート』(永岡書店)、
『面白いほど雑談が弾む 101の会話テクニック』(フォレスト出版)、などがある。

「2018年 『仕事が思い通りになる!ほめ方心理術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神岡真司の作品

ツイートする