こころが軽くなる マインドフルネスの本

著者 :
  • 清流出版
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860294656

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 多くの(翻訳ものの)心理学系の書籍で見かけすぎる「マインドフルネス」。そんなこんなで「いちばん簡単」と勧められた一冊を読んでみた。

    ヨガや自律訓練、認知行動療法なんかを少し知っていればなんとなく知っていることが多い内容。注目すべきは呼吸と歩行に注目しているあたりか。
    「心と身体はつながっています」というあたりは理解しやすいし、雑念についての説明も常識的で理解しやすい。さすが「いちばん簡単」なだけはあった。

  • 瞑想の手法を知る。

  • 感情と自分をきりはなして考えるというのはいい概念だと思った。
    こういったマインドフルネスの本は何冊かよんで自分に最適なやりかたを探っていくのが良いと思う。

  • 「自分を愛すること」「感情は、私たちの一部でしかない」「落ち込むことは悪いことではない」「頭の中の裁判をやめる」など、生きやすくなるコツがさらりと読めます。自分や他人を裁いてばかりいませんか?自分を責めたり他人を責めたりする暇があるくらいなら、「今できること」にエネルギーを向けること。

  • 2018.01

    色々とマインドフルネスの本は出ているけれど、この一冊でじゅうぶん事足りるように思う。

    ボリュームも本のサイズもちょうどよく、挿絵がかわいいので忘れた頃に読み返したい一冊。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

一般社団法人マインドフルネス瞑想協会代表。福岡県出身 、神奈川県在住 。精神的な不調和を経験したことをきっかけに、理想的な心と身体のあり方を瞑想、ヨガ、心理学などを通して研究。インドをはじめ 35 カ国以上を巡り、 様々な文化に触れながら各地の瞑想やヨガを実践する。その中でマインドフルネスに出会い、その効果に感動。以降、マインドフルネスの普及に努める。現在はマインドフルネスに関する執筆の他、日本各地でマインドフルネスをベースにしたヨガクラスやマインドフルネス瞑想の講座、講演会を行う。主な著書に『1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想入門』(WAVE出版)、『1分間瞑想法』(フォレスト出版)、『3分間マインドフルネス』(Gakken)、『マインドフルネス 怒りが消える瞑想法』(青春出版社)などがある。

「2017年 『こころが軽くなる マインドフルネスの本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こころが軽くなる マインドフルネスの本のその他の作品

1-B07L9NQY65の詳細を見る Kindle版 1-B07L9NQY65 吉田昌生

吉田昌生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする