アンバランス×2 (1) (ヴァルキリーコミックス)

著者 : 林達永
制作 : 李 秀顯 
  • キルタイムコミュニケーション (2008年1月31日発売)
3.10
  • (1)
  • (0)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860325268

アンバランス×2 (1) (ヴァルキリーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストーリー: 画力: 魅力: デザイン: 構成: 表現力: 独創性: 熱中度: センス: 感動: 総合:

    1巻のみ購入
    余裕がなかったので2巻以降買えていません
    すでに巻数が結構出ている上に、確か最近完結したと思いますので、評価できるほど読んでないので無評価です

    最近は面倒なのでwikiから引用してましたが、wikiがみあたりませんでしたので某Shopの説明文から引用

    男子高校生と女教師が繰り広げるトラブル☆ラブコメディー!!ある日、偶然出会った映画好きの男子高校生・神門健一と数学教師の高梨エリナ。最悪の出会いをしてしまった二人だが、数日後エリナが健一のクラスの担任になることになり……!?二人のアンバランスな恋が始まる!

    韓国系?の漫画家は最近多いような気もします
    僕は黒神を当初から集めてましたので(今売ってしまいました)確かその頃はそこまで流行ってなかったので、上手いなぁくらいでしたが、最近は韓国系?だと思いますが、そっちの名前の漫画家の漫画がたくさん出ています
    絵も綺麗なものが多いですし、最初は結構楽しめますが、どういうわけか全部絵柄が異常に似ているので、あれこれ出されるとどれが誰の作品だかわからなくなったり、新鮮さがなくなったり、次の作品とかも全部デザインが一緒だったり・・・
    絵はうまくてもこうなってくると、マンネリ化は避けられないような気がしています
    ちょっと話が逸れたかもしれませんが、このアンバランスにしてもメガネの美女っていうのが、韓国系の漫画家の漫画でやたら出ているのでキャラの判別ができません

    そういった意味で、もうちょっとキャラの使い分けたり、デザインがありきたりにならないようにしないと、何が何だかわからなくなります

    2人くらいが同じような絵柄で普通の漫画家のペースで出してるくらいなら気にならないような気もしますが・・・もうそんなレベルではなく、かなりのペースで出版されているようなので、あちこちで同じような絵柄が目に付き、その度に韓国の人のような名前になっているところをみると・・・

    それでも、さっきから韓国韓国いってますが、本当に韓国の人なのかは知りませんが、絵は非常に上手いと思います

    ともかく、あれこれ書きましたが、このアンバランスは1巻のみしか読んでませんので無評価

  • 絵は好みなんだけど、話の流れがちょっとおかしいところがある。

  • 原作者の戦いのないマンガ。相変わらず胸がでかいのは前提条件。まだ伏線が多いのでストーリーは何とも。
    主人公とヒロインのエンカウント率はギャルゲ並みですが。

  • 9784860325268  202p 2008・10・20 5刷

  • もうムリです…
    この手の漫画はこれ以上読めません…

全5件中 1 - 5件を表示

林達永の作品

アンバランス×2 (1) (ヴァルキリーコミックス)はこんなマンガです

ツイートする