空が落ちる(上)

制作 : Sidney Sheldon  天馬 龍行 
  • アカデミー出版 (2003年5月1日発売)
3.19
  • (3)
  • (4)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :88
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860360122

空が落ちる(上)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 慈善家で知られるウィンスロープ家の一族が不自然な事故で全員亡くなってしまう。偶然とは思えないと感じたニュースキャスターのダナが単身隠された真相に迫るというお話。上巻では読むにつれて謎が謎を呼びまだ真相にはたどり着けません。感想については下巻にて。

  • 購入者:川端 返却(2012.11.16)
    主人公が世界各国を飛び回りながら、謎を少しずつ説いていく流れが最初は遅いんですが、途中からはまり、あっという間に下巻へ。

  • 初シェルダン!
    シェルダン人気だけど翻訳これでいいの?って思った。
    なんか教科書みたいな訳ばっかなんだけど…
    そしてすごいオチが見える。
    わかりやすくていいっちゃいいけど。
    たまにはいいかもしんないです。

  • シドニィ・シェルダンにしては、つまらなく感じたなあ。彼の作品に慣れからなのか、この作品自体がつまらないからなのかは、自分でも判断がつかない。

  • 偶然か故意か。次々に不慮の死をとげる米国の名門一家。「一年のあいだに家族5人もが変死するなんて、ぜったいにおかしい」 謀殺説を信じて調査にのりだしたうれっ子キャスターの行く手を阻むものは…。

  • シドニィシェルダン好きなんですよ
    んー
    女医>空が落ちる
    ってかんじ?このスピード感、スリル感はなかなかないかなぁ

  • よく憶えてないけど面白かったです。

全7件中 1 - 7件を表示

空が落ちる(上)のその他の作品

空が落ちる(上) 単行本 空が落ちる(上) シドニィ・シェルダン

シドニィ・シェルダンの作品

ツイートする