芝不器男 (風ブックス)

著者 :
  • 創風社出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860371104

作品紹介・あらすじ

「かつて、中村草田男は「その作品は、ことごとく明るさのみなぎり渡った平和な雰囲気と、無垢なつつましい抒情味とによって成り立っている」と、芝不器男の俳句について語っている。青春性、一種の童貞性に統べられた世界に注目して愛惜し、俳壇における不器男の位置を文壇の堀辰雄や詩壇の立原道造になぞらえた。感性を昇華させた抒情性が、しなやかに撓むつよさに支えられている堀や立原への相似を不器男に見出してのことであろう。
 不器男は短い生涯のほとんどを愛媛県南予地方にある山峡の郷里で過ごした。一人の人間の限られた人生の日々がそこにある。しかし俳句と出会い、句の創作という行為に関わって己や対象に対峙したとき、彼の存在を超えた何かが、その感受性にこだましている。不器男の思いを超えた、予想もしない何かに助けられ、一瞬の生の輝きが生まれたのだ。詩の生成、表現や創造の根源を逃さずあやまたず捉えたこの青年の暢びやかな筆致は、いったい何によって導かれたのだろうか。」(本文より)
 昭和初頭の俳壇に彗星のような輝きを放ちつつ、わずか26歳と10カ月で、この世を駆けぬけていった不器男は、昭和5年(1929)2月24日に永眠。この稀なる才能は、その光芒とともに、短すぎる生を閉じてしまった。
 その生涯を辿り、不器男の俳句のみずみずしい抒情の源泉を探る。
 また、代表的百句を抽出、その一句一句に仔細な吟味・鑑賞をほどこし、不器男の世界を逍遙する。

著者プロフィール

著者紹介1
1947年1月10日生まれ。
詩集に『平和風平和な街にかかる祝祭星座』(冬至書房)『罠』(昭森社)『海』(創樹社)『日の雨』(ミッドナイト・プレス)『よもだかんとりーぶるうす』(インクスポット)『まぼろしの日々、日々のまぼろし』(マルコボ・コム)『夜の舟』、『楠樹譚』、『耳のタラップ』、『ずっと、ここに』(創風社出版)他。
エッセイ集に『喩の島の懸崖』、『浮游蕩蕩 まつやまイエスタディ&トゥデイ』(創風社出版)『愛媛の地名 小さきものへのめまい』(愛媛県文化振興財団)。
評伝に『峡のまれびと 夭折俳人芝不器男の世界』(邑書林)『芝不器男』、『恋する正岡子規』(創風社出版)他。
共著に『歴史と文学の回廊 四国』(ぎょうせい)『四国遍路地図』然4巻(東海図版)『愛媛県謎解き散歩』(新人物往来社)他多数。
現在、不器男の俳句や文章をめぐる「不器男旬報」を随時刊行している。

「2016年 『戦争・詩・時代 平和が平和であるために』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀内統義の作品

芝不器男 (風ブックス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする