トランスクリティーク ― カントとマルクス

著者 :
  • 批評空間
3.50
  • (4)
  • (0)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860410018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は、序文冒頭でこう述べる。
    「本書は二つの部分、カントとマルクスに関する考察からなっている。この二つは分離されているように見えるけれども、実際は分離できないものであって、相互作用的に存在する。私がトランスクリティークと呼ぶものは、倫理性と政治経済学の領域の間、カント的批判とマルクス的批判の間の<transcoding>コード変換、つまり、カントからマルクスを読み、マルクスからカントを読む企てである。」と。

    著者は、カントでは「純粋理性批判」を主に、マルクスでは「資本論」を主に、それぞれを思惟的思想的体系の書として読み解くのではなく、あくまでカントとマルクスに通底する<批判>の意味を現前化しようとする。

    「道徳的=実践的とは、カントにとって、善悪の問題などではなく、自由の問題であり、自己原因的であること、また他者を「自由」として扱うことを意味するのだ」と。
    したがって、「カントの「自由の王国」や「目的の国」とは、コミュニズムを意味することは明らかであり、
    逆に、コミュニズムはそのような道徳的な契機なしにはありえない」と。
    あるいは、マルクスの「資本論」について、まず「ヘーゲルとの関係で読まれるのが常であるが、『資本論』に比べられる書物は、カントの『純粋理性批判』だ」といい、
    資本論におけるマルクスの批判は「資本主義や古典経済学の批判などというよりも、資本の欲動と限界を明らかにするものであり、さらに、その根底に、人間の交換(=コミュニケーション)という行為に不可避的につきまとう困難を見出すものだ」という。
    また「マルクスにとってコミュニズムは、カント的な『至上命令』、つまり、実践的=道徳的な問題である」と。

    本書の序文をごく簡単にスケッチすればそのようなことなのだが、
    一読したからといって、本書全体について、ごく短いものにせよ書評など私にはとても覚束ない。
    なのでさしあたりは上記の如く引用紹介のみにとどめることでご勘弁願う。

  • 【配架場所】 図書館1F 134.2/Ka6

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

哲学者、批評家。1941年兵庫県生まれ。1969年、「〈意識〉と〈自然〉――漱石試論」で群像新人文学賞評論部門受賞。著書に『マルクスその可能性の中心』『日本近代文学の起源』『探究』『世界史の構造』他。

「2018年 『大江健三郎 柄谷行人 全対話 世界と日本と日本人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トランスクリティーク ― カントとマルクスのその他の作品

柄谷行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジル ドゥルーズ
柄谷 行人
柄谷 行人
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする