書くことの戦場 後藤明生 金井美恵子 古井由吉 中上健次

著者 :
  • 早美出版社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860420178

作品紹介・あらすじ

小説(家)たちは、自らの有機体化(テマティスム)にいかに抗い、いかに身を浸したのか。—誰よりもあたたかな視線を持つ批評家の、誰よりも真摯な思考の集成。
〈方法や理論を新たに求めても、書かれたものを「図式」化して回収する構造はついて回る。私は、そうしたもどかしさを解き放つきっかけを、批評理論や現代思想のなかにではなく、小説のうちに見いだしたのである〉(序)より

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1章と3章

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1951年生まれ。フランス文学者、文藝評論家。早稲田大学第一文学部教授。 著書に『歓待』、『ボヴァリー夫人』をごく私的に読む』、訳書に 『失われた時を求めて 全一冊』(角田光代共訳)他多数。

芳川泰久の作品

ツイートする