脳単―ギリシャ語・ラテン語 (語源から覚える解剖学英単語集 (脳・神経編))

著者 :
制作 : 河合 良訓 
  • エヌ・ティー・エス
3.49
  • (7)
  • (6)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :132
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860430757

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 所蔵あり  491.17-ノウ  300338266
    「文字通り脳の単語集です。図解・日本語・英語・語源の解説で構成されていて、単語に読み仮名がふってある親切機能付き!eBookLibrary(電子ブック : 同時アクセス1)でもあるので学外からパソコンで閲覧することもできます。名前をど忘れした時や、ちょっと調べたい時にどうぞ!仲間に「肉単」「骨単」「臓単」「遺伝単」などがあります。」
    丁寧なコメントをありがとうございました! 
    (黒板書架「春の新スタート応援コーナー」特集コメント ”新しいスタートにおススメ!の本を教えてください”より)

  • 神経系の解剖学用語集(日本語・英語).
    豊富なグラフィックで,大変分かり易いです.
    “語源から覚える”スタイルを貫いています.

    神経解剖学を学ぶ際にはぜひ参照して下さい.

  • 脳・神経系の解剖学的な知識というのは門外漢にはもう大変なものであって、あまりに専門的な本は辛くて読めないし、入門書は楽に読めるけれど今度は形や部位の詳しい名称はぼんやりしてなかなか分からないという事になりやすいのです。
    その点『脳単』はかゆい所に手が届くような図が載せてあり、ひたすらに細かく名称が載せてあるので本当に助かります。
    本来は医学生さんが勉強の為に使うような本なのでしょうが、この本を片手になら我々のような門外漢ももう少しだけ背伸びした読書が出来るというもの。

    それにしてもこの『脳単』を眺めているとつくづく人体の精巧さに感心してしまう。たった一つの細胞が分裂増殖してこんな複雑な組織に分化していく。生命の不思議にうたれてしまう。

  • 解剖生理学
    脳神経系の理解

  • 医療・福祉関係の学生さんは苦労しているのでは?
    ほぼすべて図を用いての内容なので個人的には見やすく、覚えやすかったです。

  • 医学生の受験学習本のような体裁ですが、臨床家にも十分使えます。
    見開き2ページに、「肉単」を例にとると、前腕伸筋や前腕屈筋と各パートに分かりやすくコンパクトにまとめてあります。鍼灸師ならば、まずは「肉単」「脳単」の購入をおすすめします。

    何よりも手に取りやすいサイズで、カバンの中に常に一冊、携帯できるのがいい。通勤通学の電車の中で、寝床の中で、あるいはトイレの中で・・・これがこの本の正しい使い方でしょう。

  • 絵だけパラッと。。。

  • 高かったし医学書扱いなのでうちには置いてないんだけどもわざわざ取り寄せて買ってみたw
    医学生ではないので単語覚えたところでなんもなんないのだけど脳の豆知識的コラムがついてて面白い。

  • 三作目

  • 分類=人体。05年4月。

全13件中 1 - 10件を表示

原島広至の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
遠藤 周作
原島 広至
有効な右矢印 無効な右矢印

脳単―ギリシャ語・ラテン語 (語源から覚える解剖学英単語集 (脳・神経編))はこんな本です

脳単―ギリシャ語・ラテン語 (語源から覚える解剖学英単語集 (脳・神経編))を本棚に登録しているひと

ツイートする