ヒップホップ・アメリカ

制作 : Nelson George  高見 展 
  • ロッキングオン
3.50
  • (7)
  • (3)
  • (16)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (443ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860520069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なるほどおもしろいね。

  • 2014/12/21購入

  • 「ヒップホップとは?」という問いに真摯に答える大著。
    その始まりから発展を、多くのMC、プロデューサーなど関係者の名前を出し詳述してゆく。ヒップホップの「神髄」を探り、掘り下げる。社会との関わり・影響を多面的にとらえる視点は水際立っている。
    「ヒップホップから見たアメリカ」あるいは「アメリカにおけるヒップホップという存在」を理解するために本書は必見だろう。索引も詳しく、丁寧な作りに好感が持てる。

  • (しゅんぺい)
    大学時代、バリバリのHipHopDJだったことが懐かしく
    思い出されます。
    日本人のHipHop感って大概「Yo」って言ってるだけでしょ
    みたいな見方をされていることが個人的に我慢ならない。

    まずこれ読んでアメリカの現代史におけるHipHopの影響を
    理解してから
    ヒップホップを語りましょう。

  • こういう本が書かれるまで、ヒップホップは成功したんだな、と思った。多分ちゃんと読んでない。

  • 第9章 最大の印税が最高の称賛である  あるいはヒップホップする現代詩

  • 広くヒップホップについて触れられています。自分自身が余り興味がないからか、あまりの長さに挫折。。興味のある方どうぞ!

  • hiphop

全8件中 1 - 8件を表示

ネルソン・ジョージの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
村上 春樹
J・モーティマー...
トゥパック アマ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする