もう、家に帰ろう〈2〉

著者 :
  • ロッキングオン
4.43
  • (43)
  • (28)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 222
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860520960

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奥さんの妊娠、出産、赤ちゃんから少年への成長…
    子どもが生まれてからの生活の密度は、とても濃い。

    父親としてのプレッシャー、奥さんと息子がずっと笑顔でいられるようにと願う愛。

    ひとつひとつの写真に添えられたコメントに、つい涙が滲んでしまう。
    ずっとずっと、この平和が続きますように。

  • 大好きな写真集。

    なんと、もっと大好きな前作を持ってない!(11,9,2現在、、)初版帯付きサイン入り(まあサインはなくても良いのですが)がヤフーオークションに出ていたことがあったのですが、入札し忘れてた!ばかか!まあ、そのうち手に入ることでしょう。


    光が絡み、ヴィヴィットパステル様々な色が絡み、肌の肌理が絡み、良い写真は生まれますが、藤代さんと田辺さんの組み合わせはこれらを多く産みます。

    こんな写真を撮りたいなと思わせてくれた、大好きなたくさんの写真集のうちの一冊でもあります。
    ミスターチルドレンのコメントは要らないと思いますけどね。

    前述しましたが前作の方が好きです。3は出るのかなー。

  • やさしい。謙虚で。
    とってもやさしい。

  • 家族とは、日々の積み重ね。

  • いっぱい泣いていいんだ
    そして、大人になっても、いっぱい泣いていいんだ。

  • 「君がいるから、私もここにいられる」

    家族が増えた家。見えるはずのない温もりや幸せが、とても大きく、そしてはっきりとその存在を解き放っている。
    幸せや愛情、そして大切な時間を見せてくれる、自分自身に気づかせてくれる、とても素晴らしい写真集です。

  • 写真の数だけ、愛情も増える。

  • ワンコが亡くなってしまうくだり、もう、僕、ダメでした。それがクライマックスです。(12/2/13)

  • 写真で息子と妻を
    文章で息子と1人の女性を


    うつしているところに惹かれました。

  • やっぱり間違いなく中身はよかった

    愛が溢れてて、すてきです


    タイトルが2っていうのがちょっと残念ですが

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年千葉県生まれ。明治大学商学部卒。90年代にデビューして以来、女性のポートレイトやヌードを中心に、旅、風景、ミュージシャン、ファッション、広告などの分野を縦横無尽に横断し、日本の写真界に独自の地位を築き、多くの影響力を与えた。写真集は80冊ほど。「週刊朝日」の表紙連載、女優の写真集シリーズ「月刊アクトレス」などで大衆にも知られる存在となり、写真集を出すたびにスタイルを変えている稀有なアーティストでもある。小説家としても活躍中。

「2017年 『藤代冥砂写真集 山と肌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤代冥砂の作品

もう、家に帰ろう〈2〉を本棚に登録しているひと

ツイートする