おざなり君

著者 : 浅野いにお
  • ロッキング オン (2012年4月1日発売)
3.58
  • (30)
  • (30)
  • (45)
  • (12)
  • (4)
  • 本棚登録 :516
  • レビュー :46
  • Amazon.co.jp ・マンガ (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860521097

作品紹介・あらすじ

『CUT』にて3年間にわたり連載された、奇才・浅野いにおが描く衝撃の問題作『おざなり君』、多くのリクエストにお応えし、このたびついに単行本になります!
なんとオールカラー、そして60ページ以上の描き下ろし!
浅野いにお自身をして、「俺が本当に描きたかったのはこれです」と語る、ファン必読の一冊!

おざなり君の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 8話まで、ほんと単なるギャグマンガ。
    「え?これがいにお作品?」と思ったりもしたのですが、
    ペリー浦賀の回想が出てきたあたりから、最後までロックンロールがテーマ。

    ロックで、世界平和を掲げつつ、マイノリティとして社会に牙をむくペリー浦賀とそのバンド。
    浦賀は夭折し、やぶさかは、普通の企業の歯車となるが、
    おなじ会社のおざなり君は、ペリー浦賀とロックのとりこだった。

    自分の忘れていたものを取り戻すため、おざなり君とやぶさかは福岡に。

    良くも悪くも「変わってしまった」世界をあとに、
    二人が行うギターセッションこそ最大の見せ場。

  • ジョー・ストラマーが言っていた、「音楽で世界は変えられないけど、音楽を聴いた人が世界を変えるんだ」。ずっと、大好きな言葉で、最近は横山健も同じ事を言っていた。それが音楽の、ロックの役割だと信じている。
    私自身、大好きな音楽の持つメッセージを解釈して、行動する事で私の「今」が作られてきた。
    しかし、本作を読んで音楽の持つメッセージを軽い気持ちで上辺だけすくって行動したところでそれは、ロックでも何でもないんだって事に改めて気付かされた。

  • 序盤は、おざなり君とやぶさか部長のシュールな不条理ギャグマンガであったのは確かなのですが、やぶさか部長が過去を語りだし、また、自分の感情に気づきだしたころから雰囲気が変わってきます。
    失われてしまったロックンロールへの郷愁、現状の日本へのやり場のない怒りetc.
    やぶさか部長とおざなり君のセッション、こんなに音が聴こえてきそうな演奏シーンは他にはあまり知らないです。
    同様にラストシーンも鳥肌もので、痺れます。
    あとは、やぶさや部長のストレートすぎる愛情表現が笑えます。

  • う~ん・・・。
    「おざなり君」だけだったら、評価下がっていたかも。描き下ろしの「おざなり君EXTREME」と合わさってひとつの作品として見れる気がする。
    原作:田原成貴・漫画:土田世紀の「ありゃ馬こりゃ馬」みたいな感じて、前半はキャラの面白さを引き出して、後半はキャラの内面に迫っていくような形で展開しています。

    絵だけ評価するなら、しりあがり寿チックで好きなら読めますけど、「おやすみプンプン」を読んだことがない浅野いにおファンが読んだら、ちょっとがっかりするかも。

  • いにお、どうしちゃったの?的な内容でした

    これがおもしろいのか…これが評価されるのか…
    これが初版品切れで、これが増刷即決定なのか…

    分からないものですね

    いにおの世界観は独特で、奇天烈ですわ


    作品全部買ってるので迷わず即購入しましたが、ロキノンな内容に
    付いて行くのがやっとでした
    でも読んでて思ったが、これロックとホモって関係付けられそうな展開
    だよね……いいのかしら

    リアルタイムで読んで無かったけど、とにかくいにおワールドでした

    ロックは全く伝わらなかったw

  • 最初のほうはただ、おざなり君が部長を殴るだけの、4コマ漫画みたいな話だったのに、後半に進むにしたがって、極上のロックマンガへと進化して行った感じです。

    ペリー浦賀の横顔に、カート・コバーンの面影を見ました。

  • 笑って泣ける

  • 2015年最初に読んだ本最初シュールギャグのような感じで物語が進み主人公のおざなり君が上司のやぶさかさんに暴力を奮う漫画ですがおざなり君がやぶさかさんに暴力を奮うのは理由があってと浅野いにおらしくないけど浅野いにおらしい作品でした。

  • 色付きの漫画って苦手なんですけれども、著者の漫画をそこそこ読んでいる身としましては読まないわけには参りません!

    ということで手にとってみた本書なんですけれども、割かし楽しめました。一話完結という感じで話が続いて行くんですけれども、現代の社会に対する皮肉? とかも随所に感じられましたし、まあ、楽しめましたね。社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 装丁好き。

全46件中 1 - 10件を表示

浅野いにおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅野 いにお
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

おざなり君を本棚に登録しているひと

ツイートする