ウインクで乾杯 (1) (大活字文庫 (40))

著者 :
  • 大活字
2.89
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860550639

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり普通の推理小説でした(-_-)
    内容すぐに忘れそう…

  • 行事のお手伝い(イベントコンパニオン)の仕事をしている女性。
    宴会でのお手伝いが主。

    宝石店の外から,いつかは宝石を買えるようになりたいと物色している。
    お手伝いする宴会は,その宝石店の主催。

    宴会の後、お客さんと喫茶室で話をして,その後の約束をする。
    同僚で仲の一番良い女性が,待っている間に亡くなっていることが分かる。
    取り調べをしていた刑事が,突然、賃貸住宅の隣りに引っ越して来る。

    第一巻は,2つの恋の予感。

  • 長編本格推理と銘打ってありましたが、フツーでした‥

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東野 圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。
1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。
代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。今後映画化が決まっている作品に2018年11月16日公開『人魚の眠る家』、2019年公開の木村拓哉主演『マスカレード・ホテル』、同年公開予定に玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする