えぞりすのあさ (北に生きるかしこい動物たち)

著者 :
  • リブリオ出版
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860570583

作品紹介・あらすじ

北海道の豊かで厳しい自然の中、懸命に生きぬく動物たちの姿を、世界からも高い評価を受ける作者が力強い版画で描き出した絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 巣立ちを迎えたりすのこどもたちの、秋から冬の姿が、力強く繊細な版画によって描かれています。実りの秋、厳しい寒さ、危険な敵・・・誰かに教わったわけでもないのに、くるみを土の中に埋めておき、冬の間の食料にするというりすの生態に感心します。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

北海道生まれ。『しまふくろうのみずうみ』では絵本にっぽん賞を、『きたきつねのゆめ』はボローニア国際児童図書展グラフイック賞を、『おおはくちょうのそら』はドイツ児童文学賞絵本部門ノミネート賞など、数々の賞を受ける

「2018年 『はしれ はるのゆきうさぎ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手島圭三郎の作品

えぞりすのあさ (北に生きるかしこい動物たち)を本棚に登録しているひと

ツイートする