出版をめぐる冒険―利益を生みだす「仕掛け」と「しくみ」全解剖

著者 :
  • アーク出版
3.59
  • (4)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860590178

作品紹介・あらすじ

本書では、メーカーサイドに焦点を当てて、注目の出版社、好調な出版社を取り上げた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新旧出版社それぞれの独特な取組による成功例を紹介。営業による泥臭くも確かなチャネル確保、敢えてベストセラーを狙わない堅実な編集方針のエピソード等示唆的な話多数で、出版とは究極的にはマンパワーに依る他無いのではと考えさせられる。

  • 他社のことも勉強しないと!
    出版業界のことがよくわかります。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962 年生まれ。出版業界誌『新文化』記者を経てフリーランスに。著書に「わいせつコミック裁判」「出版をめぐる冒険」「発禁処分」「出版と自由」「マンガはなぜ規制されるのか」など

「2018年 『「本を売る」という仕事 書店を歩く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長岡義幸の作品

ツイートする