「歩く!」仕事術: 能率を上げる発想がひらめく

著者 :
  • アーク出版
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 23
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860590338

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1,足を動かせば動かすほど、脳全体が活性化され、やる気が起こってくる。
    2,叱る時は、外で。褒める時は屋内で。
    3,ベテランカウンセラーは、自分の意見を述べない。聞き役に徹する。 相手は、話しているうちに自分で問題点が整理できてくる。
    4,会議室では、論理的な左脳が良く働く。
    歩くと、右脳が働き、独創的なアイデイアが出てくる。

  • 本田直之氏の「走る男になりなさい」http://booklog.jp/asin/4763199307
    が走ることの効用を説いたのに対して、本書は「歩く」ことの効用をこれでも
    かと繰り返す。
    「歩くこと」のみに着目したビジネス書は、本書意外に寡聞にして知らない。
    ほんとうに寡聞ですので、他にあったらスミマセンw

全3件中 1 - 3件を表示

二木紘三の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×