超高層ビルの“なぜ”を科学する―だれもが抱く素朴な疑問にズバリ答える!

  • アーク出版
3.15
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860590765

作品紹介・あらすじ

私たちの生活にすっかり身近になった超高層ビル-。でも、改めて考えてみるとそこら中に「?」がいっぱい。日本を代表する総合建設会社、大成建設の選りすぐりの執筆陣が、だれもが抱く素朴な疑問に懇切丁寧に答えながら最先端の建築技術がぎっしり詰まった超高層ビルの魅力を紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分用キーワード
    制限表面(ビルの高さ制限) 昼間障害標識 ライフサイクルCO2 新耐震基準 柔構造/剛構造 長周期地震動(高層ビルの敵) 耐震/制震/免震 積層工法(大成建設) 風散養生 山留め カーテンウォール 側雷対策システム ゾーニング(エレベーター) 日照権/日影規制 ビル風対策 

  • 2015年2月

  • 増え続ける超高層ビル、何が違うのかが分かりやすく書いてあります。全般的に読みやすく、かつ内容もそれなりに濃いので、読み終わった後はにわか超高層ビル博士になれます。

  • 近所にもますます増える高層建築。
    でも本当にこういうものが増えていて大丈夫なのか。
    どうやって工事してるのか?とか分かりやすく解説してあるので興味深い。

  • 最近世界一高いビルの記録が更新されたこともあり、気になったので読んでみた。
    大成建設が書いたこともあり、かなり具体的な内容が書かれており、非常に楽しく読めた。クレーンが自分自身を吊り上げながら3フロアくらいまとめて作っていってるって、「へぇ~」って感じですよ。建て方だけではなく空調や水や光の考え方とか載ってて大変勉強になりましたね。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする