東大入試問題で数学的思考を磨く本

著者 :
  • アーク出版
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860591304

作品紹介・あらすじ

シンプルでスリリングな解法が楽しめるさすが!の名問に挑戦!錆びついた"数学脳"が甦る!受験生のときよりなぜかうまく解ける"大人の数学"入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  半径は1とおくのがわかりやすい。考えるべきは円周より小さい図形だが、正方形も正6角形も使えない。正12角形なら平方根さえ知っていれば解けるが、視野を広げて余弦定理を使おう。正8角形なら二重根号が必要になるから指導要領を改訂しよう。平方根は2乗を比較せよ。正しい図が描けていれば問題は理解できている。手順は自分で考え出し道は自分で開け。

  • 東大の数学の入試問題は、レベルが高いのも中学生でも勝負に持ち込めるものもあるけど、とにかくよく練られた、強い意志を持った問題が出題されている。
    ちょうど数学ガールが見せてくれる数学みたいな感じ。

  •  数学的思考法はなかなか身につかない。まず良問に巡り合うことがない、次にそれを料理する方法を教えてくれる指導者がいない。それが難点だ。

全3件中 1 - 3件を表示

京極一樹の作品

ツイートする