壁を突破するコーチング―コミュニケーションを変えれば人生が変わる! (Biz心理学)

  • あさ出版
3.11
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860630539

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 社会人になって初めて後輩のOJT担当になった時に読んだ本。7年ぶりぐらいで再読。この本を読んだこともあって「教えない」「考えさせる」を徹底したOJT担当になろうと思ったんだったけな。この本との出会いが、自分の人材育成感の元になっているように思う。

    <この本で、特に参考になった部分>
    ・「分別する」という考え方。会話には「事実」と「解釈(分析・感情・評価など)」が入り混じるが、これをしっかりと分けて考え「事実」にのみ着目しながら指導をするという考え方。

    ・立場をとらせるという考え方。人は責任回避をしたいという想いが知らず知らずに発生するもの。その足枷を外すためにも、どういう立場にあるのかをしっかりと宣言させることが大事。

    ・同調と共感の違い。相手の話を、肯定も否定もせずにしっかりと受け止めて聞くのが共感。相手の意見に、自分の意見を合わせていくのが同調。特にマイナスの話をしているときには、共感はしても同調はしないこと。コーチまでが同調して批判批評をし始めると、泥沼になる。しっかりと聞いてあげるだけで、同調しなくても相手はクリアになっていく。

    ・コーチングは目標達成管理の手法ではない。目標を100%達成できたとしても、余力を残しているのであればコーチングとしては失敗。相手の能力を伸ばす為に、敢えて達成が難しい目標を設定することも必要。コーチングは、あくまでも相手の能力の最大化に的を絞るべきで、人事考課などとリンクさせるものではない。

    ・育成の際には、BE-DO-HAVEの3段階を意識すること。ついついスキル面(DO)に指導の中心がおかれがちだが、そのスキル以前の「どうありたいか(BE)」という想いが、DOの質を高め、成果(HAVE)につながることをコーチがしっかり理解しておくこと。BEを常に問いかけることが大事。

  • コーチングに関して読んだ2冊目の本。この本には、コーチングを行う際の方法が具体的に書かれています。例えば、「コーチングを行う際には、部下とコーチが対等な関係でなければならない」、「分別をして話す」、「相手を承認する」など。コーチングを行うための方法が書かれています。でも、僕は理論が書かれているだけで、実践として使うためには具体例が少なすぎると思いました。そのため、実践するのがとても難しいのでは、と個人的に思いました。初めに読んだ1冊目がよすぎたのかもしれません。

全3件中 1 - 3件を表示

橋本文隆の作品

壁を突破するコーチング―コミュニケーションを変えれば人生が変わる! (Biz心理学)を本棚に登録しているひと

ツイートする