赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン (これ一冊でできるわかる)

著者 :
  • あさ出版
3.73
  • (3)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860631680

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 赤毛のアンを英語で読む蔡に、とても参考になります。
    赤毛のアンは、主人公が10代前半であるため、ちょうど中学校、高校で習う英語の幅を広げてくれます。
    同世代のEnglish Native Speakerが使う用語を知ることができるからです。

    少なくとも、食べ物の名前を除いて、すべてのEnglish Native Speakerは本書の単語が分かるはずなので、あまり試験ではでないような単語も、辞書で引いてみるといいかもしれません。

    文学作品での単語の意味は、辞書だけだと十分に理解できないことがあります。
    その際に、本書のような語学用の書籍は、たいへん役に立ちます。

    赤毛のアンの写真集も出されている吉村和敏氏によるプリンスエドワーズ島の写真も付いているので、お得感いっぱいです。

    原書の流れを確認したい場合には、講談社から文庫で英語版がでているので合わせて利用するとよいかもしれません。
    原書の後半が文庫では絶版になっているので、復刊ドットCOMなどで再販してもらえるようにするとよいかもしれません。


    英語のフリーの朗読は、
    http://www.gutenberg.org/etext/20593
    http://www.gutenberg.org/etext/19576

    MP3ファイルをダウンロードして、iPodで電車の中で聞くと、聞こえにくいことがあります。

    英語の原文は
    http://www.gutenberg.org/etext/45

  • ▼本書の内容
    Part1 「出会い」
    Part2 「グリーンゲイブルスにて」
    Part3 「アン、家庭を見出す」
    Part4 「アヴォンリーの暮らしの中へ」
    Part5 「初めてのピクニック」
    Part6 「友達と過ごす日々」
    Part7 「ちょっとした騒動」
    Part8 「クリスマスの歓び」
    Part9 「ゆれる乙女心」
    Part10「大人への道」
    Part11「クイーン学院での日々」
    Part12「道の向こうに」

  • 待ってたよー!
    今から読むんだ^^楽しみだお!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

翻訳家・児童文学研究家。たくさんの人の心に“I love you because you are you”のメッセージを届けるというミッション・ステートメントのもと、執筆やワークショップ、夢やアートを用いたセラピーを行っている。得意料理は偶然にも、祖母と母譲りの愛と野菜たっぷりのスープ、アップルパイ。お鍋をかき混ぜるエネルギーの素は、誰かの笑顔。著書に『赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン』(あさ出版)、『なかなおりのはじめ方~I messageの贈りもの』(ユビキタ・スタジオ)、訳書に『シード ―人生の目的と幸せが見つかる種―』(アルマット)がある。

「2013年 『SOUP』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島本薫の作品

ツイートする